第645回 2012/08/07放送

鯱リーグ2012 第6試合

出演者

奥田圭・ばってん城次・岩清水愛・米嵜勲

MC-
企画の舞台つかさ菊池店
対戦機種『CR花の慶次~焔』『CR天才バカボン4決断の瞬間』他
 

互いに2勝ずつで迎えたリーグの最終戦。奥田圭&米嵜勲チームとばってん城次&岩清水愛チームの戦いは意外な展開。まさかのばってん城次無双となりました。その始まりは開始3分。いつものようにフルスペックの「花の慶次」からスタートした城次師匠は、「極傾奇ゾーン」から金色のふすまを発生させ「漢花リーチ」で大当り。

 

そしてさらに愛ちゃんのとなりに座り「天才バカボン4」を打ち出しすとわずか3回転で突然確変に突入。そのあと開始10分に16R大当りをGETしあっというまに70Pの大量リードを奪いました。
(図001)

 

このあと城次師匠は開始20分にも「CRFタイガーマスク」を当て10Pを追加します。一方、最初の城次師匠の大当りにより「花の慶次」への台移動を余儀なくされた圭さんと勲くんはフルスペックに大苦戦。「慶次」を当てさえすればゲームを振り出しに戻すことができたのですが、やはり約1/400の壁は高かったようです。
(図002)

 

すると開始43分、愛ちゃんが「天才バカボン4」を当て近畿地方をコンプリート。これにより圭さんと勲はこの台を当て返せなくなりました。さらに開始53分、愛ちゃんが最後の遊パチ「海物語」を当て完全制覇。90vs0で勝利を収めました。
(図003)

 

見事リーグで1位を獲った城次&愛チーム、このまま名古屋に行けるかと思いきやそう甘くはありませんでした。提案されたのは上位3チームでのプレーオフ。
もちろんリーグ1位のチームが有利になるようなルールでもう1試合することになりました。その模様は次週お届けします。

(担当:竹原D)