第738回 2014/06/17放送

圭さんこんなのどうでしょう

出演者

奥田圭・足利ぼん(イタガキ)

MC-
企画の舞台大劇通町本店
対戦機種『パチスロ ロストアイランド』

久しぶりの「圭さんこんなのどうでしょう」、ぼんちゃんが1人でプレゼンに挑戦しました。本当は2機種プレゼンしたのですが、1機種目の「パチスロ ロストアイランド」が思いのほか盛り上がり、放送では1機種のみで構成させて頂きました。

140617_k1 140617_k2
140617_k3

「ロストアイランド」は一発告知台のような風貌でありながら、1Gあたりの純増約3.0枚という強力なATを持つ機種。なのに天井は777Gと低めで、今後何かの台に生かすための実験機種なのでは?という勘ぐりも出て来てしまいます。

圭さんが打ち出してみると、その演出はなかなかに地味。そのためたまに起こるアクションに期待が膨らんでしまうのですが、AT突入はそう容易ではなく、圭さんのフラストレーションはたまるばかり。

140617_k4 140617_k5
140617_k6

しかし、そりくんがプライベートで万枚達成した旨を聞き「なんとか当てるまでは…」と頑張ってみると…
ようやくハイビスカスが揃い、AT「ハイビスカスRUSH」に突入。そしてその1G目、圭さんは9つのマスをすべてハイビスカスで埋め、いきなり240G上乗せ!(AT中は1列赤いハイビスカスが揃うごとに30G上乗せ、全マス埋まれば8列なので240G。ちなみに金のハイビスカスは一列100G)「ロストアイランド」の破壊力を目の当たりにしました。

140617_k7 140617_k8
140617_k9

時間の都合上説明しませんでしたが、この台はセット数のループ性能はなく基本1セット。今回お見せしたような直撃の上乗せの他に、パールを溜めて最終的に上乗せゲームに挑戦する「パールRUSH」での上乗せも存在します。AT後は引き戻し確率およそ33%のチャンスタイム「STORM TIME」へ突入します。シンプルな演出が好きな人にはかなりオススメの台だと思います。みなさんも探して遊んでみてはいかがでしょう。

(担当:竹原D)