第709回 2013/11/19放送

圭さんこんなのどうでしょう

出演者

奥田圭・まさる・足利ぼん(イタガキ)・そり(イタガキ)

MC-
企画の舞台大劇長嶺店
対戦機種『CRA羽根物大工の源さん』『パチスロ化物語』『戦国パチスロ 花の慶次~これより我ら修羅に入る~』

今回はまさるくんとイタガキの2人が圭さんにプレゼン合戦を行いました。



<まさる「CRA羽根物大工の源さん」プレゼン内容>

羽根物大工の源さんは羽根物でありながら一撃の大量出玉獲得も夢ではない。
V入賞までは羽根が玉を拾ったあと、最初のステージで3分の1の振り分けをクリアし役物ゾーンへ。そこでゆらゆら揺れるVルートにうまく玉が入れば大当りとなる。V入賞までの道のりは割と厳しめだが、大当りするとその約10%の確率で羽根が100回開放する時短がつくチャンスタイムに入る。

ひとたびチャンスタイムに入れば、約75%の継続期待値が望め、そこでの大当りの3分の1は10R相当の出玉となる。圭さんはプレゼン時間内にV入賞できず、後ろ髪を引かれながら次のプレゼンに移動。

<そり「パチスロ化物語」プレゼン内容>
化物語は、西尾維新のライトノベルが原作の大人気アニメ。怪異と呼ばれる物の怪に取り付かれた女の子たちを主人公・阿良々木暦が救うというストーリー。

台の仕様としては、オリンピアの「キャッツ・アイ-コレクション奪還作戦-」で採用されたリプレイでもコインが入るシステムを採用しているのがうれしいところ。
圭さんは差枚数規定のAT「倖時間(ハッピータイム)」や上乗せゾーン「倍倍チャンス」を体験し満足げ。

<ぼん「戦国パチスロ 花の慶次~これより我ら修羅に入る~」プレゼン内容>
今回の慶次は、パチンコの楽しさも併せ持った仕様となっている。液晶右に引いた小役が保留玉として表示され、チャンスリプレイを引くと液晶下のロゴ役物が開きその中に保留玉が入るアクションが展開される。

リプレイ4連で現れる家紋の保留玉がちょうど役物に入れば、ATに約30%の確率で突入する「傾奇ブレイク」へと突入する。
圭さんはぼんちゃんが前もって用意しておいたAT突入台で修羅モードと戦鬼モードを体験。見事復活パターンで赤7を揃え、擬似ボーナス「大攻城戦ボーナス」へと突入させた。

今回圭さんは3人のプレゼンに大満足。次にホールで打ってみたい台は「慶次」と言っていました。ただそれぞれのプレゼン時間が短かったので次回はじっくりやってみたいと思います。

(担当:竹原D)