第721回 2014/02/18放送

ぱちんこ裏テクゲット研究王

出演者

まさる・足利ぼん(イタガキ)・そり(イタガキ)

MC-
企画の舞台大劇八代店
対戦機種『CRAスーパー海物語IN沖縄3ASB』

「こういう企画がやりたかった!」
まさるくんの流れるような解説、深すぎる知識、綺麗なオチまでついた展開についついこう呟いてしまいました。
今回の企画は、まさるくんとぼんちゃんがそりくんに「パチンコとスロットの裏テクを伝授する」という内容だったのですが、まさるくんの時点でかなりの手応えがあったのでぼんちゃんの解説は次回に持ち越して?まさるくんの海講座一本で行くことにしました。
まさるくんが披露した裏テクや海知識は以下です。
(多いのでオンエア上のネタに限らせて頂きます。なおシリーズ、モードによって違いがあるのでご了承ください)

<プレミアム海での知識>
・スベリ予告が発生する場合は通常よりも0.5秒ほど早く上段の図柄が止まる。
・リーチ中ボタンプッシュで起こるブレーキアクションを見ていくと再始動(いわゆる走り)が起きる場合にいち早く見抜ける。貝殻のパクパクも同様。

<沖海3(海モード)での知識>
・泡がリーチ中も出っぱなしはプレミアム。
・沖海3はバラけ目でも「チャンス目予告」に発展。その見分け方は図柄停止後に貝殻が止まらずパクパクして保留が減らないこと。「チャンス目予告」発生時は スーパーリーチに発展。
・マリンちゃんリーチでは指が立ってるとチャンスアップ、ボタンプッシュで片手を振れば普通、両手を振ればプレミアム。

 

・沖海3のスベリと同時停止は頻度が少なくなっていて信頼度が上がっている。発生したら多くの場合スーパーリーチに発展する。
・偶数図柄で大当りして再抽選で奇数に変わる場合、再始動の直前でタイミングよくボタンを押すとミスマリンちゃんのカットインが発生し、大当りラウンド中にすべての「プレミアムラウンド」を選択できるようになる。
・大当り中はラウンドと保留玉が相関関係にあり、例えば第2ラウンドでハイビスカスが光ったらSTの2回転目で大当りする。
・ラウンド終了時、画面にタッチして金魚群が出ると保留内大当り確定。
・手動でハイビスカスを鳴らすことができる。ちょうど図柄が止まるタイミングでボタンを押すだけ。大当りしていればキュインと光る。

最後はまさるくんがハイビスカスのセルフ鳴らしを披露してくれました。
みんなを感心させたところでホールには「SGT(スペシャル魚群タイム)」のファンファーレが鳴り響き、「SGT中はすべての法則が台無しになるんだわ。授業終了~」
のコメントで終了しました。終わり方も美しい編集していて楽しい企画でした。

(担当:竹原D)