第727回 2014/03/18放送

800回

♪あばれはっちゃく鼻づまり~。
ええっ?鼻づまりじゃなくて鼻つまみ?
まじっすか。今の今まで存じませんでした~。
花のおちこぼれたけはらDです。

さて、1998年に放送を開始したパチプレTV-R、今回であばれ800回。
企画ではさすが800回!ともいうべき素晴らしいヒキが展開されました。
まずはその組み分け。8人を2人1組の4組に組み分けしたのですが、なんとその組み分けが鯱リーグの組み分けと全く同じとなりました。(いつもと変わり映えしないということで引き直しになりましたが…)
果たしてその確率は?ということで数字が知りたくなったのですが私の数学の成績はおちこぼレベル。鮫Pに助けを求めると…
「よっさ、日大芸術学部の俺にまかしとけい!」と心強い返答。
さすが鮫さん。と思いきや、KAB技術部の精鋭の皆さんが確率の計算をしてくれ、答えを出してくれました。
その答えと式がこちら。

「答えは1/105となるのではないでしょうか(甘デジくらいの確率ですね)8人を2人組に分けるのは8C2×6C2×4C2×÷4!=28×15×6÷24=105通り(Cは集合、!は階乗)」

うん、なるほそ。さっぱりわからん。わかった振りして話あわせとこ。
「やっぱり1/105でしたかぁ~。ボクの見立てでは1/104だったんですけどねっ…いやあ惜しかったなあ」
「うん、104はありえませんね」
「で、ですよね~」

さて確率の話はさておき、今回愛ちゃんがお座り一発を見せてくれました。
しかも開始5秒、玉がチャッカーに入った瞬間のパールフラッシュでした。
節目の回で番組最速の大当り確定を見せてくれるとは、愛ちゃん持ってます。
来週は「8んこミッションクリア大作戦」の後半です。そして新年度に向けた新展開!「TAIMANスロット編」スタートに際して若手によるオーディションの模様も放送します。ぜひご覧くださいませ。

(担当:竹原D)
第726回 2014/03/11放送

改変期&SP寄稿

だいぶ暖かくなってきました。
もうすぐ春!そう~寒い冬もようやく終わりますぅ~。
4月と言えば、進学や就職など人が動く季節でもあります。

テレビの業界も、番組が終わり…この時期に新番組が始まる…
というサイクルなんです。
もちろん人の移動も然り、私、このパチプレを外れるんじゃないかと戦々恐々しておりましたが…

なんとか、今年度もやらせていただけることになりました。
なので、頑張っておもしろい番組作りに励みたいと思います。

担当:松崎D

********************
特別編
********************

なにか大きなチカラがオレを嵌めようとしている…。
暗黒面のフォースか、はたまた組織の陰謀か…。
そんなにみんなが言うように品性下劣な人間でもないんでっせ。
何の話しかと申しますと、ウチの優秀な?ディレクター連中のこと。
やれ編集室で「チ○コ」だ「マ○コ」だと叫んでいるとか、キャンギャルの局部を撮影して怒られたとか…。
編集後記に書き倒しやがって…。

ソコだけ強調するから、そんな人間だと勘違いされるだろっっ!

「チ○コ・マ○コ」事件に関して言うと、「怪しいパチンコの噂の集まるバー」にて、まさるくんがそうした発言しているのをそのまま使ったバカDに対し、怒りの鉄拳を見舞っただけのこと。

「局部はダメよ」事件に関しては、慣れないカメラを回している時に、イタガキ・ボンが話しかけてきたもんだから、カメラを操作する手がソコをアップにした状態で止まってしまっただけのこと。

ホンットに何でもないことを針小棒大に書きやがって!!

ま、それも普段の言動が品性下劣だからしょうがないか…。

というわけで、そんな品性下劣な側面も持つワタクシも別のマジメで高貴な側面を買われて、お堅い部署に異動することになりました。
1年11カ月の短いお付き合いでしたが、アホなスタッフや目立ちたがりの出演陣のお世話から解放されると思うと、ホッとするやら快哉を叫ぶやら小躍りしてしまうやら、ちょっとだけ寂しいやら…。

いや、本当にちょっとだけ、ホンのちょっとだけなんですけどね、寂しいのは。

ワタクシがいなくなっても、「パチプレTV-R」は今後も楽しい話題・情報を伝えていきますので、変わらぬご愛顧を!

担当:鮫P

(担当:-)
第725回 2014/03/04放送

絶好調

♪とにかくこの世はせっち辛いがが~ せっちせっちセチオリンピック。
ソチやろ!たけはらDです。
ソチオリンピック、成功して良かったですね~。
開会式で4つめの輪が開かなかったときには、パチプレのオリンピック応援企画で輪が5つできなかったせい?と心配しましたが、閉会式ではそれを逆手に取った演出もされたそうであっぱれ富士山あっぱれお嫁さんにカモンカモンカモンであります。
シブガキ隊のアッパレ富士山がリリースされたのは1984年。その年はロサンゼルスオリンピックでしたね。「イーグルサム」って覚えてます?
確かロス五輪のキャラクターでアニメをやってたんですよね~。
かけ声があって「ハットハットハットット~イーグルハットでおっとっと~」とのたまいながら手品で何でも解決するという最早オリンピック関係ないやん!みたいなアニメだったと記憶しております。知らないよねみんな。
では最後に小学生の頃に流行った必殺ダジャレをひとつ。
シブガキ隊が早起きして新聞を待っていたよ「しんぶんがきたーい!」
うむ、絶好調。寿司食いにいこ。

(担当:竹原D)
第724回 2014/02/25放送

症候群

ども~みんなのアイドル松崎Dっす!
私、今年33歳とおっさんの階段を着実に登っております…が!しかし!
精神年齢は、18歳のまま…間違いなくピーターパン症候群です。
「そろそろ落ち着かねば」と思うこのごろです…が!しかし!それはどうしようもありませぬ…
という事で、見た目はおっさん、中身は18歳、このまま歳を取りたいと思います。

さて、前置きが長くなりましたが。
こんど放送する「ヒキ弱王決定戦!」を収録しました。
今年も、とんでもないヒキ弱さんが大集合~~!
詳細をお話したいんですが、まだ言えませぬ…

ということで、来週から2週に渡ってお送りするので爆笑必死の「ヒキ弱王決定戦」を見て下さ~い!

(担当:松崎D)
第723回 2014/02/18放送

今・・・誰に

♪たたけ、たたけ、たたけ~、おいらにゃ~けものの~
血がぁ~さわぐ~ どうもたたけはらDです。
今週の放送で、イタガキが憧れの漫画家・板垣恵介先生にインタビューしました。
鮫Pがコンパニオンの局部を撮影して係の人に怒られるという残念ハプニングがあったものの、彼らにとって一生の思い出となったに違いありません。

そのVTRを編集していると、隣で編集していたディレクターさんに・・・
「竹さんはいま誰に会えたら嬉しいですか?」と聞かれました。
うん、その問いに答えるのはとても難しいよね。
会いたいのはご存知、クッキングアイドル アイ!マイ!まいんちゃんかな~。
でも今のまいんちゃんに会いたいかと問われるとそうでもないかも…
もう15歳だしね。ああ~でも会ったらやっぱり嬉しいかもな~
どっしよっかな~
「あ、そすか。ぼかぁ吉井和哉っすね~♪太陽が~萌え~ている~ ギンギラギンにさりげなく~」
どるぁぁぁ!ドルアーガの塔!ちゃんと聞けや~!!
太陽に萌えやがってからに!この世に真っ赤なジャムぬったろか~!
このっ!このっ!
たけど~るるるる~。
この人編集の合間に肩をもんでくれるから好き。
デコルテラインのマッサージが上手いから好き。デコルテて。

(担当:竹原D)
第722回 2014/02/11放送

ども~

ども~アナタの松崎Dですよ~。
さて、今回はバレンタイン直前企画でしたが、アナタのバレンタインはいかがでしょうか?

私の心の叫びを聞いて下さい。

義理はいらねぇ!本命をくれ!

世の男性はけっこう思っていると思いますよ。
だって…返すのが面倒なんだもん!

(担当:松崎D)
第721回 2014/02/04放送

手が・・・

節分っすね。たけはらDです。
となりのお寺から子どもたちの豆まきの声が聞こえております。

我が家はというと、奥さんと庭でナフタレンまき。
猫よけに置いたペットボトルを意にも介さず、塀の上に置いたトゲトゲの障害物をよゆーで飛び越えていく野良猫ちゃんどもの夜中のコーラス大会がいよいよ度を越してきたので苦手だと噂されるこの白色で昇華性を持つ固形物を1キロほどまいたることにしたわけです。

しかし!この原稿を書いてるそばから裏でちゃん猫の声がする。
なんざい!手がナフタ臭くなっただけかい!
次は怒りのパラジクロロベンゼンまいたろ。

ま、言いたかっただけなんですけどね、パラジクロロベンゼンて。ふふ。
インターネッツによると猫よけには20000hzぐらいの超音波が効果的で
2000円ぐらいでその機械が買えるとのことなんですが、そんな音波がずっと出ているとなんか気持ち悪いので他の方法を探しています。
やさしく猫ちゃんを追い払う方法ご存知の方いましたら教えてくださいませ。

(担当:竹原D)
第720回 2014/01/28放送

不思議

ども~みんなの松崎Dですよ~。

この前、久しぶりにホールへ行った時の話をしたいと思います。
私、大のジャグラー好きでありまして、その日も愛する「アイムジャグラー」を打って
おりました。すると、私の肩を叩く人がいたので振り向くと…
まったく知らないおば様…「こんな人知り合いにいたっけ?」と思いつつ、その人は、手招きをして、自分の台の方へ導きます。

すると「ゴメンけど揃えて!」なんと目押しのお願いだったんです。

「はっ!」っと言う私…なぜかと言うと…
 そのおば様はシマの中央に座り、私はカド台で打っていたので

「なんで」?ってなりますよね?

その理由は聞きませんでしたが、不思議な出来事でした。

(担当:松崎D)
第719回 2014/01/21放送

が過ぎる!

「ちょっとそこ!モデルの局部はアップで撮らないでください!!」
んぷぷ、どこの地方番組だよ、新台発表会の撮影に東京まで来てそんな恥ずかちー怒られる方するなんて。うけるー!
え?うち? なにやってるんすか~鮫さん!
プロデューサー自らカメラマンをかってでたのはいいですが、これはいただけませぬぞ~。
怒られるのはまだいいです。私が憤っているのはそのときの局部の映像が残ってないことです!これでは怒られ損、もはやキングクリムゾンじゃないですかっ!

ども、たけはらDです。
ジョジョのキングクリムゾンの能力は「この世の時間を10秒間消し去る」だそうですね。意味がよくわかりませんが、鮫さんが撮った局部はキングクリムゾンにクリクリされたのかもしれませぬ。残念無念。

さて、ここで改めまして御礼です。
番組にメールをくださったり掲示板に書き込んで頂いているみなさま、大変ありがとうございます。漫画家のファンレターに対するコメントではないですがしっかりと読ませていただいております。
最近のコメントではカルトクイズに関する感想、嬉しい限りです。
クイズを出した冨田浩二くんは若干21歳ですよ。末恐ろしっこでございますね。
彼もまた筐体の局部を映した問題を好む局部マニアなのであります。
第2回も必ずや開催しますのでみなさんぜひ参加してくださいませ。
頑張りますので「下ネタが過ぎる!」と見捨てないでくださいね。

(担当:竹原D)
第718回 2014/01/14放送

プレビュー

番組を放送する前って、間違えがないか、放送していいのか、多くの人がプレビュー作業に携わります。もちろん番組のプロデューサーのチェックが一番厳しいんですが。

「パチスロの怪しい噂が集まるBAR」をプレビューしていたプロデューサーから私めの所に一本の電話が入ったのです。

P:あのさ~「チ○○」はまだいいんだけど、「マ○○」はヤバよ!

松:あ~やっぱりそうですよね「マ○○」は、放送しないほうがいいですかね?

P:そうだね~

松:じゃ、まさるくんの口もと隠せばどうですか?

P:そうしよっか、他にも差し替えてほしいんだけど「チ○○」のコメントフォローのスーパーは青で「マ○○」はピンクにしてね♪

松:了解すますた!「チ○○」青で「マ○○」はピンクに差し替え、すぐに納品いたします!

隣にいた同僚:(大爆笑!)そんな話会社でするなよ!

てな会話が裏では繰り広げられていました。
はい、ごもっとも。

こんな会話ができる仕事って凄すぎる!

(担当:松崎D)