Vol.747

最近自宅で海外映画や海外ドラマを見ることが、この梅雨の時期の過ごし方になっている。
なかなか映画館に行けない私の唯一の楽しみなのである。DVD,Blu-ray,オンデマンドと見まくりである。まるで小さい頃に買えなかったおもちゃをまとめて買う、大人買いのように、見てみて見まくる感じなのだ。
ほぼ年二回くらいこんな時がやってくる。ここ二年はいつもの休暇を全くとっていないため、映画の回数は年4回位に成っている。それだけ様々な映画を見ていることになるわけで、ヒューマン、ドキュメンタリー、サスペンス、ホラー、ラブストーリー、アニメ、何でもござれの私としてはこの機会を逃すものかと、まあとにかく片っ端から見るわけで、場合によっては寝る間も惜しんで一日で4本映画を見ることも、海外ドラマを8本見ることもある。

こうやって、そこまでの見そこねた映画やドラマを取り戻すのである。まあこんな時代になったのでそれは可能となるわけで、10年前には考えられないインフラになったのだ。そんな意味で言えば、様々なもののスピードが驚くほどに早くなっているわけで、これはパチンコやパチスロも同じことが言える。
ホールもマシンも含め、細部に至るまで我々の学生の頃に比べると、ものすごいスピードで進化しているのだ。
このスピード感を持ってさあ、この後どんなふうに変化していくのかとても楽しみなのである。