Vol.708

 熊本に秋の訪れを告げる、藤崎宮秋の例大祭を待たずに、随分と秋の気配がしてきた。例年だとこの藤崎宮秋の例大祭が終わるまでは、厳しい残暑が続くのだが、今年は何やら8月の終わりとともに秋がやってきたようなそんな感じである。

秋雨前線と台風のおかげで雨が続いているせいもあるかと思うが、朝夕はすっかり涼しくなった、いや寒くなった。急激な気候の変化に、体がついていけない方も多いかと思うが、ここを乗り切ることができれば、気持ちの良い秋がやってくるのだ。
 しかし、ここのところの急激な気候の変化を考えると、秋がないままに冬になってしまうのではないかという不安さえ残る。
 ご存知のように秋は何をするにも良い季節で、読書、スポーツ、芸術そしておいしいものと盛りだくさんである。短くなったら短くなったで楽しまなければいけないことがたくさんある。もし短いのであれば今のうちにこの秋の魅力を堪能すべきなのだ。
 秋の夜長今夜あたりふらりと散歩がてら近所のホールに出かけてみるというのも一興かもしれない。