Vol.671

どうしても笑顔になってしまう。名古屋ロケの話をしているが、「傾奇(かぶき)エンジェルス」とのバトルは、ニューギンの名古屋開発本部の会議室で行われた。まあ、あの○ゲ男の喜びようと言ったら、気の毒なくらいだった。それは番組を見ていただいた皆さんにもお分かりいただけたかと思う。

そして何よりも全く活躍しない、目立たない勲くんも無駄に元気だった。しかしそれよりびっくりしたのは、ヤツが私と城次さんを名古屋に残し、仕事のために先に帰ったことである。

大都会名古屋

売れっ子?は違うのだ(笑)最後は私と城次さんと街ブラと相成ったが、まあ、驚いたことに彼が大好きなタイプの服が数多く存在した。昨年は気がつかなかったのだが、行く店行く店竜やら虎やらの刺繍のブルゾンやらジーンズやら、とてもフツーの人が着ることが出来ないようなステージ衣装みたいなモノの店もあった。まさに城次さんのための街と言っても過言ではない。

ホールでも滅多にないくらい大勝ちをし、彼にとって天国のような街であった。

ルーツは熊本!それから去年もこのページに紹介した、お母さんが熊本出身の日系ブラジル人の村上マルシオさんのブラジル料理店鶏の丸焼きがおいしい「オッソ・ブラジル」もさらに元気に営業していた。

みなさんも、名古屋にお出かけの際にはぜひ訪ねていただきたい。