Vol.669

名古屋鯱ツアーの初日出発までの経緯を前回お話ししたことかと思う。今回はディレクター二人。新婚ディレクターと貧困ディレクターであるが、今回はディレクター二人ということもあって、割と参加者も和やかに、駅に集合し無事に新幹線に乗り込んだ。今回の新幹線のチケット担当は、プロデューサーの太鼓判で前回自分自身のチケットを紛失し、自腹で熊本まで帰った貧困ディレクターが保管することに。(中にはご心配の諸氏もおいでかと思うが・・・

プロデューサーによると一度手痛い失敗をした者は、同じ失敗は繰り返さないという、寛大なお言葉によって、貧困ディレクター担当になった)
そのかいあってか今回は、そんなこともなく無事に全員名古屋駅に到着!彼の貧困ディレクター殿は、電車の中でも、何の仕事をしているのか?ラップトップを取り出し忙しいビジネスマンよろしくカチャカチャとキーボードを叩きながら、新幹線での時間を過ごしていた。できる男は違うのである。


さて、夕方に名古屋に到着した我々一行は、まずは番組のオープニングを、名古屋駅界隈で撮影することになっていて、名古屋の駅に降り立ちすぐに案内されるがままに駅前の噴水のある広場に、もう既に日が落ちていて最新のLEDのハンディー照明をたいての撮影と相成った。勲ちゃんはいつものようになんだか変なテンションで、退社や帰宅客でごった返す広場ですうテイク撮影するのは本当に奇異なモノがあった。

勲ちゃんのTPOを全く無視したあのトークだけは本当に勘弁してほしいと・・・。いや、それでも面白ければよいのだが・・・残念だ。(お父さんがきっと草葉の陰で泣いておられる・・・。)

撮影終了と同時に、宿泊先のホテルに向かう。貧困ディレクターによるとホテルまであまり距離はないけれど、荷物も多いのでタクシーで向かうという。我々は、番組の予算のことも考えて「歩いてもいいよ」と言うのだが、いやいや、タクシーで行きましょうと、タクシーに乗り込んだ。

するとどうだろう、歩いてもそんなに距離はないと言われたホテルは、タクシーで15分ほどかかる場所で、歩くと結構な距離があったのだ。さすが貧困ディレクター、慮って歩いていたら大変なことになるところだった。

と言う感じの一日目であった。まだまだ続く!