Vol.665

最近の色々はよく分からない・・・。
色々がありすぎて、わけがわからない。
今の世の中想定外のことが多すぎて、全く意味が分からない(- – !)

コンクリート詰めも、遠隔操作も、永田町の駆け引きも、我々の経験してきた昭和な日常から乖離(かいり)しすぎてどう理解したらいいのか、皆目見当がつかない。こんな言い方が正解かどうかも、よくわからない・・・。

我々の仕事は、しゃべることが中心なのだが、そのしゃべり手の言葉すらも最近では理解できないことの方が多くなった。ら抜き言葉、れ足し言葉は当たり前!言葉っていうのは、生き物なのでその時代時代である程度の変化はあると思うのだが、原形をとどめなくなるのはやはり寂しいのであって・・・
原型がなくなるということは判断基準自体がなくなるのである。
これは本当に大変なことだ。ようは判断できなくなるのだ。

何が正しくて何が間違っているのか、基準がなければ判断できない。
ってことは、最近の世の中は判断できない世の中だという訳だ。

だからこそ、コンクリートだったり遠隔だったり、駆け引きだったりする訳だ。
判断基準がわからない・・・。それでいいのか?
まだましの方なのか・・・。理解に苦しむ世の中である。

色々あるのはかまわないが、色々悩むのもよくはあるのだが、着地点がいっこうに見つからない論議というのは、不安や疑問はないのだろうか・・・・?