Vol.663

久しぶりにホールに出かけた。
ちょっとだけ時間ができたのと、精神的なゆとりがあったので、足を向けた。
ずっと番組で紹介した「AKB48」をプライベートでも打ってみたかったのだ。
番組で当てたとしても、これはやはりプライベートで当てて初めて攻略したことになる。
ここでいう攻略というのは、あくまで私が自腹で連チャンを引くということであって、高い確率で当たるデータを解析したとかそんなものではない。(念の為に申し上げておく・・・)

これまでも私は、どんなに番組で当たっても、それはあくまで番組でのことであって、私自身のいや、私の中でのその台の攻略とはならないので、必ず私はホールに脚を向け自分自身の投資によって勝ちを勝ち取るようにしてきた。(なんだかかっこよさげ・・・)
それは、どの台に関してもこれまでやってきたことである。つまり今回もどこかのチャンスで「AKB48」を自腹で打って、連チャンを勝ち取る必要があったのだ。

その日は3時間くらい時間が空いたので、ふらりとホールに出かけてみた。もちろん打つ気満々で。
「AKB48」は、新台として導入された時から少し時間が経ったので、台にやっと空きが出てきた頃だと判断し、向かったが、空いていたのは数台やはり人気は続いていた。台を見るなんてことは数台の空き状況では、悠長な事は言っていられないので、すかさず釘も見ないでだいを確保。(無謀なことである)しかもその台はその日全く当たっていない状態だった。それでも打ちたい気持ちは抑えることができず、打ち始めた。

案の定玉がよらない。しかし根気強く、打ち続ける。リーチは来るものの、スーパーへはなかなか発展しない。やめるべきか続けるべきか、悩みに悩んだ挙句、攻略という私の使命を思い出し打ち続けた。空いている時間は3時間である。打ち始めてすぐに一時間に一回のライブが始まったのだが、三度目のライブのあと、見事に大当たり、そして念願の連チャンがやってきた。最終的に6箱出て1箱を打ち込んだくらいで終了。

5箱の交換となった。これで、「AKB48」の攻略は完了したのであった。