第692回 2014/03/11放送

CR天誅


©2013 FromSoftware, Inc.

忍者アクションゲーム「天誅」とのタイアップ機が遊びやすさを極め遂にホールへやって来ます!今週の新台情報は、エキサイトから「CR天誅」。
スペックは、大当り確率およそ130分の1のライトミドル、通常時と、確変中の大当り確率がほぼ一緒の設定となっていますが、その理由は、出玉にあります。16Rおよそ2000個の出玉比率が、ヘソ入賞時で50%電チュー入賞時は、60%と、出玉に重きを置いた台となっています。

それでは、通常時から見ていきましょう。本機は、図柄レスのフル画面演出となっており、演出を最大限に楽しむことができます。液晶で注目したいのが、左にある保留アイコン、多彩な保留演出が搭載されています。液晶右は、演出やリーチ、大当りなど現在の状況を表示、液晶下にある襖は、開くと様々な文字が発生し、チャンスを示唆してくれます。
予告演出で注目したいのが、「忍滅演出」敵を倒していくほどチャンスとなる連続演出です。「忍務演出」は、敵中に潜入し、忍務を遂行すればするほどチャンスとなります。
この2つの連続演出からリーチへ発展、という流れが多いのが、この機種の特徴です。

圧巻なのが、「円月輪役物」大当り時などに可動しますリーチ演出です。「対決リーチ」は、全4種類、対戦相手によって信頼度が変化します。しょう・きまいら・りんし・ピエトの順で期待度アップです。

鬼陰リーチは、最強のボス「鬼陰」と激戦を繰り広げます。本機最強のリーチなのでもちろん、大当りを期待してもOKです。

大当りは、4Rの「天誅ボーナス」、4Rか16R の「チャレンジボーナス」、16Rの「スーパー天誅ボーナス」の何れかに振り分けされます。

大当り終了後は、「天誅モード」か「無念無想之刻」のどちらかへ移行します。この2つのモードは、ゲーム性に変わりなく、どちらも32回の電サポが付きます。通常時と確変中の大当り確率に大差はありませんが、16R大当りの割合が60%と通常時に比べ高くなっています。

斬新なスペックと、ド派手なアクションで新たなる伝説を作る!「CR天誅」3月17日から導入スタートです。

(担当:松崎D)

スペック (管理人某調べ)
タイプ L-KE
大当り確率 1/129.77
賞球数 3&2&7&7&14
ラウンド数 4R又は16R9カウント
確変突入率 100%(ST32)
出玉数 約480個~約1920個
時短 大当り終了後32回転の時短付き
備考 -
大当り図柄

未発表