第731回 2015/02/10放送

CRフィーバーパワフルDX


©

フィーバークィーン2の復活で高い評価を得ているSANKYOが、またあの懐かしい台をリバイバルしました。スペックは大当り確率99.9分の1の遊パチ仕様。フィーバークィーン2に近いスペックとなっています。すべての大当り後に8回転のSTがついてきて、電サポは25回、50回、100回のいずれかになります。大当りの振り分けは、4Rもしくは6Rが大当りのメインとなりますが、もちろん15Rの振り分けもあります。ヘソからは12.9%、電チューからだと14.9%が15R大当りです。

<クラシカルモード>
まずは、下皿のところにあるVコントローラーで、シンプルな演出の「クラシカルモード」か演出満載の「パワフルモード」かを選びます。8ラインで基本的にノーマル当たりしていくのが「クラシカルモード」の特徴。リーチのテンパイラインが複数あれば、その分チャンスとなります。そのまま当たるパターンもあれば、図柄が再始動して当たるパターンもあります。このほか、オールフルーツリーチや再抽選も用意されています。

<パワフルモード>
「パワフルモード」の予告演出で期待できるのひとつが、「メロン越え予告」。
7図柄のひとコマ下にあるメロン。過去の作品では、リーチの時にこれを越えるかどうかが興奮ポイントのひとつでした。ムムちゃんが「メロン越え」を宣言すると大チャンスとなります。
リーチ直後の群予告もアツい演出のひとつ。ミニキャラ群と小夢夢群の2パターンがあるようです。
シャイニングスターチャンスは、モード共通で出現するアクション。Vコントローラーを引いてパワフル役物を完成させる演出です。
パワフルモードではスーパーリーチが準備されています。オールフルーツリーチの際に、出現することがあるナナちゃんの「フルーツパフェリーチ」や、JAMちゃんが、ヒップアタックで図柄を変化させていく「超ヒップリーチ」などがあります。

ムムちゃんが活躍する「かっとびリーチ」は信頼度★★ですが、「超かっとびリーチ」になると信頼度★★★★、さらに三人勢揃いの「トリプルかっとびリーチ」であれば信頼度★★★★☆となります。
このほか、全回転なども搭載されています。昔打っていた人も、そうでない人も楽しめる一台。
ホール導入スタートは、2月16日の予定です。

(担当:竹原D)

スペック (管理人某調べ)
タイプ -
大当り確率 1/99.9
賞球数 &10&12
ラウンド数 4R又は6R又は15R7カウント
確変突入率 100%(ST8)
出玉数 約336個~約1260個
時短 ST終了後に17回又は42回又は92回転の時短付
備考
大当り図柄

7図柄
image

フルーツ図柄
image