第668回 2013/06/18放送

CRくるくるぱちんこ新EXマージャン2


©ニューギン

玄武、白虎、朱雀、青龍、パンダ、香蓮ちゃんとくれば、思い出すのが「新EX麻雀」。
その続編が「くるくるぱちんこ」となって登場です。
「ダルマッシュ」で遊んだ方はおわかりでしょうが、「くるくるぱちんこ」は回転効率が高いのがひとつの特徴です。スタートチャッカーが液晶左のワープルートについていて、ここを通過するとデジタルが回転するしくみです。今回の「新EX麻雀」は、人気女性パチンコライターが監修、出演を果たしています。城次さんが大ファンであるヒラヤマンさんが、主人公の香蓮ちゃん役で登場するようです。

<予告アクション>
オススメの演出のひとつが「笹ピラミッド演出」。
こちらは「サイボーグ009」や「野生の王国」で好評だった高速疑似連でアクションが続き笹ピラミッドが高くなればなるほどチャンスで、最後にその達成率が表示されます。
連続演出やフリーズ演出と絡む「アタックビジョン役物」の動きや液晶上の宝玉役物にも注目。宝玉役物は大開放すると期待度大幅アップとなります。
そしてもうひとつ、楽しみなのが「パンダゲーム」。
この演出がスタートしたら液晶下の「シーソーパンダ役物」に注目です。
パンダ役物が左に倒れたら「らぶりーちゃんす」、右に倒れたら「るーれっとちゃんす」へ。「らぶりーちゃんす」では「ほっと」の文字が光れば大チャンス。
一方「るーれっとちゃんす」ではルーレットがパンダで止まると幸運が訪れると言われています。このとき液晶下から最強のパンダ「パンダタイガー」が飛び出すこともあります。

<リーチアクション>
「パンダリーチ」はパンダのファンファンとクマのジャッキーがカワイイノーマルロング的なリーチ。このままあっさり当たることは稀なので、別ルートへの発展に期待です。
「転身香蓮リーチ」は、香蓮ちゃんがどの四獣と合体し、転身するかに注目。
玄武、白虎、朱雀、青龍の順に期待度が上がると予想されます。
すべてのリーチを総括するのが「姫羅(きら)最終決戦リーチ」天界を乱す難敵・姫羅を見事倒せば大当りです。楽しさ満載の「CRくるくるぱちんこ新エキサイト麻雀2」、7月からホールに登場する予定です。

(担当:竹原D)

スペック (管理人某調べ)
タイプ M-KX
大当り確率 1/299.25
賞球数 3&2&9&9&14
ラウンド数 2R又は4R又は16R8カウント
確変突入率 90%(ST200)
出玉数 約360個又は約1540個
時短 大当り終了後50回転又は100回転又は200回転の時短付
備考
大当り図柄

image