第884回 2017/05/02放送

TAIMANスロット編 アンディ vs 押忍!番長3

出演者

アンディ

MC
企画の舞台大劇長嶺店
対戦機種押忍番長3

【対戦機種】
番長シリーズ最新作、押忍番長3。
ARTの頂ジャーニーは、1セット40ゲーム+α、ボーナス込みで、
1ゲームあたりの純増およそ2.0枚。ボーナスは、シリーズ同様、番長ボーナスとプレミアム扱いの超番長ボーナスを搭載しています。
これまでの番長と大きく変わったのが、ベル回数管理。
モードによって、揃ったベルの回数で、ART当選期待度が変わります。
ちなみに、ベル入賞200回が天井のようで、ゲーム数にするとおよそ1400〜1500回転。
今までのゲーム数管理とは違うので、このベルの回数は要チェックです。

【ルール】この台に決めた!!
制限時間1時間で、「ART3セット」からの「番長ボーナス」からの「上乗せ特化ゾーン絶頂対決」を
一連で出すことができれば、アンディの勝利!この超難題をクリアできるんでしょうか。

開始15分、特訓からARTの頂ジャーニーをゲット!
これは2セット継続しますが、お題①の3セット目はいかず…

次のチャンスは開始40分。
なんちゃない、対決から意外な勝利をゲット!ARTの頂ジャーニーへ。
これが3セット継続し、お題①を無事クリア。
3セット目で、ボーナス当選期待度アップのモードに突入します。
すると!対決に勝利し番長ボーナスをゲットします。
お題②番長ボーナスもクリアし、残るは絶頂対決のみ。

この流れはもしや!?
うーん、ちょっとちがうなぁ・・・

はぁ・・・皆様すみません。m(__)m 番長はやはり強いっす!
そうな奇跡は怒りませんでした。
ちなみに、絶頂対決は、設定6でも、ボーナス当選時の十数%しかないようです。

残念ながら3連勝には届かず…番長3の勝利で終わりました。

(担当:松崎D)