第908回 2017/10/24放送

今さら聞けない!バジリスク絆編

出演者

まさる・ゆう坊

MC-
企画の舞台大劇八代店
対戦機種『バジリスク絆』

リリースから3年以上経ちながらも、今だホールで大人気のバジリスク絆について
今さら?聞けないような質問をまさるが、ライターのゆう坊に質問。
意外と、今まで知らなかった!ということがあるかと…

まずは、設定確定演出。
この台、高設定の台を教えてくれる演出があるんです。
通常時からバジリスクチャンス当選時、キャラ選択で「弦之介」を選びます。

「残りベル6回で、敵を撃破」
これを達成すると、設定456確定となっています。
「残りベル3回で、敵を撃破」達成で6確!
設定示唆演出は、他にもあるので、探しながら打つと、より楽しくなりますよ〜

他にも、「朧」を選択すると、AT当選ならずとも、消化後の終了画面で、滞在モードを示唆してくれます。まず、モードの話をすると、このバジリスク絆は、A〜Eまでの5段階のモードがあります。簡単に説明すると、A〜順に良い状態になっていき、一番良いモードがEとなります。朧、選択時の月の形は、三日月⇒満月⇒半月⇒赤満月の順で、次回滞在モードを示唆してくれます。

2人ともバジリスクチャンスは獲得するも、肝心のAT突入がならず…
ようやく、ゆう坊が4回目のバジリスクチャンスでAT当選を決めます。
そして、絆が点灯し、継続率大幅アップの、絆高確 or AT上位の祝言モードへ!

AT中の争人の刻の人数決定時に、絆高確状態の示唆が行われます。
例えば、緑(みどり)の縁(えん)が選ばれた場合は、チャンスリプレイ成立で、バジリスクチャンス当選の大チャンス!黄色の恋(レン)は共通ベル、赤の想(おもい)であれば、強チェリー、これが選択時に重複するたびにバジリスク当選期待度が高くなります。

祝言モードであれば、バジリスクチャンスを引けば、再度祝言モードなんですが、残念ながら、ただの絆高確でした。だが、その後も連チャンが続き、一撃1000枚ほどゲットして実践終了。

(担当:松崎D)