第705回 2013/10/22放送

スロスロイサオTuesday-P4 The SLOT大特集-

出演者

イサオ・足利ぼん(イタガキ)・そり(イタガキ)・中西さん

MC-
企画の舞台大劇UNO
対戦機種ペルソナ4

独特なゲームシステムとスタイリッシュな映像で熱狂的なファンを持つRPGゲーム「ペルソナ4」。今回は全編ぶち抜きで その魅力に迫りました。参加したのはペルソナのゲームに詳しいぼんちゃんと、アニメに詳しいそりくんそしていずれにも全く詳しくないイサオくん。さらに案内役にペルソナマニアの覆面キャラ中西くんを呼んでペルソナ4について語りながらスロットを楽しみました。

「Persona4 The SLOT」簡単なゲーム性は…
・擬似ボーナスとARTで出玉を増やすART機。
・ゲーム数管理タイプですが、特定小役での解除もある。
・通常時は前兆的役割の「救出MODE」や自力解除ゾーン「ベルベットCHANCE」待ち。
・これらの演出から発展するバトルに勝利すると擬似ボーナスである「P4ボーナス」へ。・「P4ボーナス」をゲットしたら次は、ART「P4 RUSH」突入を狙う。
・「P4 RUSH」の初当り率は、およそ4000分の1と多少入りにくいが、ひとたび突入すれば、その継続率は80%もしくは93%。

今回ART「P4 RUSH」に入れることをひとつの目標としていましたが、そりくんが見事突入。そこから約1時間で1000枚オーバーを達成し80%ループの威力を見せてくれました。
ちなみに実践中には様々なペルソナのウンチクが披露されたので以下に記しておきます。
MEMO(1)ベルベットルーム…ペルソナシリーズの起点となる部屋。部屋の主はイゴールという名の老人。
MEMO(2)ワイルド属性…ペルソナシリーズの3以降の主人公が持つ特殊能力。あらゆるアルカナ属性のペルソナを多数保有できる。
MEMO(3)メガネ…メガネをかけることで異空間に存在するシャドウ(敵)を認識することができる。
MEMO(4)カレンダー…ゲームやアニメでは曜日や天候が重要なファクターとなっており、スロットもその演出を踏襲。

MEMO(5)液晶右下にセグを搭載。チャンスセグ出現時に第3ボタンを長押しすると期待度が表示される。
MEMO(6)久慈川りせ(愛称りせちー)の声優・釘宮理恵は熊本出身。
MEMO(7)スペシャル肉丼はとにかく大盛りで、知力・体力・精神力が伴わないと平らげることができない。

MEMO(8)ジュネス八十稲羽店…主人公が越してきた稲羽市の大型デパート。主人公の相棒・花村陽介がアルバイトをしている。
MEMO(9)生田目太郎…人をテレビの中に入れる能力で連続誘拐事件を起こす。正義を信じ犯行に至るが、実は黒幕に操られていた。

今回は基本的なゲーム性に触れる程度にとどまりましたが、その魅力はまだまだ深そうです。私も原作とスロットの両方を楽しんでみようと思います。

(担当:竹原D)