第677回 2013/03/26放送

オカルト組合「ぱちんこ冬のソナタFinal」

出演者

岩清水愛・中村久美

MC-
企画の舞台大劇人吉店
対戦機種『CRぱちんこ冬のソナタFinal』

毎回「海物語」でオカルトを披露しているオカルト組合。今回は人気の「ぱちんこ冬ソナファイナル」に挑戦しました。2人は序盤から「激アツ」の文字や「群予告」を発生させますが、これを見事にハズしまくってしまいます。演出が一新されたことにも戸惑いを隠せない2人、いったいどうやったら当たるのか?と話していると…

開始35分、久美ちゃんに「Wedding Chance」が発生。

今回の「冬ソナ」は結婚がテーマになっているどうで、ここから「ウェディングリーチ」に発展したら大チャンス。すると久美ちゃんは「ウェディング群」を経て「ウェディングリーチ」へ。そしてそのまま確変大当り。そこから3連チャンを達成しました。
この大当り、オカルト的にどこが良かったのか訪ねると「キムチを食べたから」との答え。愛ちゃんはパスタを食べて来たので久美ちゃんに「欧米か?」と怒られてました(笑)

この大当り後は何の見せ場もなく静かな時間が過ぎていきました。そこで2人は前回功を奏したオカルト「手を変える」を実践。「手を変える」とは、手を洗い冷たくすることで台に違う人が座ったと勘違いさせるアホーなオカルト。

するとその直後、大当りまでは至らないものの台が賑やかに…
盛り上がる愛ちゃん&久美ちゃんでしたが、ここである事実が発覚。
それは2人が手を洗いに行った間に小さめに設定していた台の音量設定がリセットされ、デフォルトであるマックスの音量に戻ってしまっていたのです。
つまり賑やかに感じたのは単に台の音が大きくなっただけのこと…

この現実に意気消沈するかと思いきや、2人は「リセットすることは大事」と前向き。
能天気な姿勢にあきれつつ、一時間が経過したのでそろそろ終了しようかとしたその時、愛ちゃんに「群予告」「ゼブラ柄」「ギガポラギミック」と並んで4大熱愛ポイントとされる「追想ゾーン」が発生しました。そこから信頼度4つ星の「初雪リーチ」に発展し大当り。最後の最後に見せてくれました。

今回は当たったことは当たりましたが、「オカルト的には実力?を発揮できなかった…」と2人は反省しきりでした。最後は「冬ソナを打つ時はキムチを、海物語を打つ時は魚を食べよう」という訳の分からんスローガンを掲げて終了しました。本当に愉快な人たちです。

(担当:竹原D)