第903回 2017/09/26放送

裏メニュー

もうすぐ10月!早えな~この前正月と思ったらもう年末かよ…
と、ひとりごとをほざく松崎Dっす。

最近、忙しくてホントにホールに行けてないでございます。
行けたとしても1、2時間しか打てない…早くニートになりたい!

そんな話じゃなくて、今回のユニーク台で紹介した「CR魔法先生ネギま!」
あれは早く勝負ができそうでいいですね。

しかも、当たらない時や、単発だったとしてもあまり追う要素もなさそうだし、時間のない会社員の方々にはもってこいじゃないでしょうか。ただ、ネギマ!のコンテンツをまったく知らない!最初は本当に焼き鳥の台かと思っていました。

そこで、メーカーに提案!
「CR屋台で一杯」とかどうでしょうか。
そう屋台を舞台にしたパチンコ。

おでん擬似連とか、激アツ裏メニューとか、屋台のおじさんと人生相談リーチとか…
意外とおもしろそうなんですが…

(担当:松崎D)
第902回 2017/09/19放送

武勇伝

リッスンきけけ!たけはらDです。中二病とは良く言ったもので、その時代って意味不明な遊びが流行りませんでしたか?私のクラスでは男子全員が1列になって廊下を走り回るというシュールな団体行動が流行りました。後ろの人たちは、先頭の人の動きを真似て走らなければならないという謎ルールがあり(今でいうチューチュートレインの走りだったのかもしれませんが…)、端から見ればさぞや気色の悪い迷惑行為だったに違いありません。にもかかわらず、クラスの一部の人たちは中学を卒業してもその遊びを続け、進学先の高校で大流行させたという武勇伝も伝え聞いております。
社会人になってからですが、後輩・北島くんとの間には「コンドーム親交」なる遊びが流行しました。それは顔を合わせたらポケットに入っているコンドームを挨拶代わりに相手に手渡すというシンプルかつ無意味極まりない遊びで「いざという時のためにどうぞ」とか「紳士のたしなみを」とか言って交換するわけです。そのコンドームは避妊具としての役割を果たす機会を得ず、お互いのポケットの中を行き来するので、サガミオリジナルのコンドームはもはやオリジナルを名乗れないほどにズダボロになっていきました。やがて時代とともに北島くんとのコンドーム親交も廃れていき、数年後に着てないジャケットのポッケから干からびたコンドームが出てきたときは、なぜだか心が温かくなったものです。今や北島くんも私も2児の父。かようなくだらないことをする機会も無くなりましたが、それはそれで淋しいような気もしております。

(担当:竹原D)
第901回 2017/09/12放送

ささやか

オッス!オラ松崎D、オラにみんなの貯金を分けてくれ~
通帳を見るのが楽しんだー!(発射)という感じで貯め込んでいます。

さてさて、最近の近況ですが…
特に御座いません。仕事しかしておりません。スロットにも行っていません。

今月末にちょっぴり別府にでも行って温泉に浸かってこようかと考えています。
あっ、そういえばこの前、宝くじが80枚買って8500円当たりました!

(担当:松崎D)
第900回 2017/09/05放送

鳥肌が

突然ですが感動ってうすれていきますよね年をとると。感情の起伏って年とともにうすうす0.2mmになってる感じがするんですよね。そうは思いませんか奥さん。
たけはらDです。とゆーのもですね、昨今2歳になった娘がトイレのトレーニングをはじめたのですが思うように上達しませんで、妻が策を講じて、上手にできたら壁に赤い丸のシールを貼って良いっつーご褒美システムを採用したんですよ。そしたらビツクリ効果覿面。娘ったらシールを貼りたいがために喜んでトイレするんですね。シール一枚でこりゃあすげーなと思いましたね。

でも自分の薄毛、いや感情の薄れっぷりを鑑みると、シールを貼って楽しい時期なんてのも一瞬終わるんだろーなー、こりゃせつねーなーと思うわけです。
最近スロット打っても吉宗打ってた時みたいにケツが浮くことがなくなっているのも、ゲーム性がつまらなくなっているというより感動できない体になってしまったことの方が大きいんでしょうね。久しぶりに鳥肌が立つような刺激と感動を味わってみたいものです。

(担当:竹原D)