第849回 2016/08/30放送

いる!

住んでる家のラップ現象が半端ありましぇん!
ラップっつっても 「YoYo俺は童☆!さらに包※!」じゃありません
夜寝てると バキッとかドカッとか まぁ木造建築だったらありえる話ですよね〜

この前は 「ポン」っていいやがりました!
「ポン」て音 普通鳴ります?ビクッってなりますよね。

160830_su

絶対!何か部屋にいる!霊感ある人誰か見てください

(担当:松崎D)
第848回 2016/08/23放送

やはり「凶」

ことしも「花慶の日」に行ってきました。いや~すごかった!人が多い。そして、いましたことしも、一生懸命コンパニオンのお姉ちゃんの写真を撮りまくっているお兄さんが・・・。
局部を中心に撮ってるんじゃないか!コラッ!去年までだったらこっちもセクシーな姿に見とれるところですが、ことしは前々日に事故って、ブルーな気分のまま東京。それにクソ暑い時期に荷物を持って、汗だくでアスファルトジャングルを歩き回っているので、ハイな気分になるはずもなく。

そんな中、控え室で「花魁通りま~す」の声。振り返ると結構艶っぽい姿あり。何だ!そういえば会場内にシークレットゾーンが!ひょっとして、そこで「ご開帳~」なんてことが行われていたりするのでは・・・。と城次さんと二人でワクワク。でもそれだと、お縄になるんじゃ。と頭の中はものすごくゆる~く回転する。実際は用意されたクイズに正解するとシークレットゾーンで花魁と一緒に写真が撮れるというものだったそうですが・・・。

さてこの日の熊本空港は小型機の事故で一時滑走路が閉鎖されるという事態に。当日中に帰らなければならない。さあどうする。こんな有事の時こそ、撮影指示をするでもなく、カメラを回すでもなく、ただ一緒に東京に行っているプロデューサーの出番。
即決で18時55分羽田発⇒熊本空港を、18時25分羽田発⇒福岡空港にチケット変更。と敏腕ぶりを披露・・・と思いきや、福岡行きへ搭乗寸前に不穏なアナウンス。欠航と思っていた熊本行きの搭乗案内アナウンス。荷物も預けたし、仕方ない。
しかし福岡行きは何と1時間遅れで羽田を離陸。熊本に帰ってきたのは22時過ぎでした。そういえば浅草寺で引いたおみくじは「凶」。

(担当:河北P)
第847回 2016/08/09放送

レア

8/16(火)のパチプレはお休みです!
パチプレのお休みといえば、年末年始だけでだいたい平均年1回しかありません。
私の知っている限り、超レアです。
160809_su
その休みを利用して…
久しく行けてないパチンコに行こうと思います。
やっと熊本市内のホールもほぼ営業を再開したんじゃないでしょうか。
業界に活力が戻ることを祈りながら、朝イチからジャグラーを全ツッパしたいと思います。

(担当:松崎D)
第846回 2016/08/02放送

VR

ブレーキランプ5回点滅ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜♪
あぶな!っていうか普通にあぶな!急にブレーキ5回もかけたらあぶないから!うっかりオカマ掘るとこでしたよ〜。えっ?掘っていい?うほっ!そっちの方でしたか、ブレーキランプ、略してBL(ボーイズラブ)。たけはらDです。
ところでみなさんの未来予想図は思った通りに叶えられてますか?そんなドリカム的な夢物語、あるはずがないっすよね〜現実に。人生は挫折と諦めの連続なのであります。しかし、しかしね、いま私はチルチル一縷の望みを持っているのですよ。あるインポテンツ…間違えた、コンテンツに一筋の光明を!そのコンテンツとは…
そう「VR」。「ブレーキランプ」ではなく「バーチャルリアリティ」の略です。
今年は体験型VRゲームが市場に続々登場し、VRゲーム元年と言われているそうです。また一歩、ゲームの世界がリアルに近づいた感じがしますね。もうしばらくすればアニメの「ソードアートオンライン」よろしく、ゲームの中と現実とが大差なくなるんじゃないでしょうか?その時が楽しみでなりません。とゆーのも、ゲームの中では深キョンのふかふかを不覚にもタッチして深い仲になり、愛の孵化活動(?)を行うこともきっと不可能ではないからです。
そうなればもうゲームの中で生活した方が幸せですから、VRゲームをやるために労働する…なんてことになるのかもしれませんね。そして人類は現実に生きる派とVRで生きる派に分かれて別の進化を遂げていくかもしれません。っていうかVR派は現実に子孫繁栄しないからすぐ絶滅するでしょうけど…
パチンコにVRがどう絡んでくるかも楽しみです。ひょっとしたら大当りしてドバッとドーパミン的なのが出る瞬間を何度も体験できる「ヒーリングスポット」が誕生したりするかも …これが大人気で台には長蛇の列。5回ヘルメットをぶつけたらハ・ヨ・カ・ワ・レのサイン〜。なんつって。以上、ゔぁからしい(VR)未来予想図でした。

(担当:竹原D)