第720回 2014/01/28放送

不思議

ども~みんなの松崎Dですよ~。

この前、久しぶりにホールへ行った時の話をしたいと思います。
私、大のジャグラー好きでありまして、その日も愛する「アイムジャグラー」を打って
おりました。すると、私の肩を叩く人がいたので振り向くと…
まったく知らないおば様…「こんな人知り合いにいたっけ?」と思いつつ、その人は、手招きをして、自分の台の方へ導きます。

すると「ゴメンけど揃えて!」なんと目押しのお願いだったんです。

「はっ!」っと言う私…なぜかと言うと…
 そのおば様はシマの中央に座り、私はカド台で打っていたので

「なんで」?ってなりますよね?

その理由は聞きませんでしたが、不思議な出来事でした。

(担当:松崎D)
第719回 2014/01/21放送

が過ぎる!

「ちょっとそこ!モデルの局部はアップで撮らないでください!!」
んぷぷ、どこの地方番組だよ、新台発表会の撮影に東京まで来てそんな恥ずかちー怒られる方するなんて。うけるー!
え?うち? なにやってるんすか~鮫さん!
プロデューサー自らカメラマンをかってでたのはいいですが、これはいただけませぬぞ~。
怒られるのはまだいいです。私が憤っているのはそのときの局部の映像が残ってないことです!これでは怒られ損、もはやキングクリムゾンじゃないですかっ!

ども、たけはらDです。
ジョジョのキングクリムゾンの能力は「この世の時間を10秒間消し去る」だそうですね。意味がよくわかりませんが、鮫さんが撮った局部はキングクリムゾンにクリクリされたのかもしれませぬ。残念無念。

さて、ここで改めまして御礼です。
番組にメールをくださったり掲示板に書き込んで頂いているみなさま、大変ありがとうございます。漫画家のファンレターに対するコメントではないですがしっかりと読ませていただいております。
最近のコメントではカルトクイズに関する感想、嬉しい限りです。
クイズを出した冨田浩二くんは若干21歳ですよ。末恐ろしっこでございますね。
彼もまた筐体の局部を映した問題を好む局部マニアなのであります。
第2回も必ずや開催しますのでみなさんぜひ参加してくださいませ。
頑張りますので「下ネタが過ぎる!」と見捨てないでくださいね。

(担当:竹原D)
第718回 2014/01/14放送

プレビュー

番組を放送する前って、間違えがないか、放送していいのか、多くの人がプレビュー作業に携わります。もちろん番組のプロデューサーのチェックが一番厳しいんですが。

「パチスロの怪しい噂が集まるBAR」をプレビューしていたプロデューサーから私めの所に一本の電話が入ったのです。

P:あのさ~「チ○○」はまだいいんだけど、「マ○○」はヤバよ!

松:あ~やっぱりそうですよね「マ○○」は、放送しないほうがいいですかね?

P:そうだね~

松:じゃ、まさるくんの口もと隠せばどうですか?

P:そうしよっか、他にも差し替えてほしいんだけど「チ○○」のコメントフォローのスーパーは青で「マ○○」はピンクにしてね♪

松:了解すますた!「チ○○」青で「マ○○」はピンクに差し替え、すぐに納品いたします!

隣にいた同僚:(大爆笑!)そんな話会社でするなよ!

てな会話が裏では繰り広げられていました。
はい、ごもっとも。

こんな会話ができる仕事って凄すぎる!

(担当:松崎D)
第717回 2014/01/07放送

ピーターパン症候群

あけましておめでとうございます。
16年目に突入したパチプレTV-R、今年も宜しくお願い致します。
もうすぐ40、しっとるけのたけはらDでございます。
40歳は不惑の年と申しますが、関係ありませんね。
締め切りに間に合わないどうしよう。道に迷ったどうしよう。
うんちを踏んだどうしよう。
ああごめんなさいごめんなさい。相も変わらず惑うことばかり。
もはやこのお仕事をはじめた頃からそのメンタルは1ミリも成長しておらず、随分長いことピーターパン症候群を患っておるわけでございます。

こんなトイザラスキッズな私の生きる支えが、毎週月曜日発売の週刊ヤングマガジン。
とりわけ「なにわ友あれ」という走り屋のヤンキー漫画を楽しみにしていまして掲載がお休みだったりするとその週は月曜日から調子が悪く、仕事をさぼってラーメン屋さんで単行本の1巻からおさらいをしなくては生きていけないというハマリっぷりなのです。
ううむ、しかし40歳でヤンキー漫画がないと生きていけぬとは恥ずかしい気がしないでもない。

竹:「城次師匠~55歳の師匠はもう漫画とか読まないですよね~。」
城:「いや、読むよフツーに。」
竹:「え、鬼平犯科帳ですか?」
城:「いやいや、ボクが特に好きなのはWORSTやね。」
竹:「うおお、まじっすか?クローズならまだしもWORSTっすか?」

なるほそ。上には上がいたもんどす。
師匠は中でも武装戦線(作中に出てくるチームの名前)が好きらしく、名古屋では武装のジャンパーを見つけてはしゃいでいらっさいました。

はてさて今年のパチンコ業界も漫画とのタイアップ機が数多く出るようですね。
噂の段階ですが、映画化の話もある「寄○獣」がスロット化するならぜひ打ってみたいものです。ここで番宣。来週のパチプレは今年リリースの噂があるスロットについて語る「怪しいパチンコの噂が集まるBAR」を放送しますよ。お楽しみに。

(担当:竹原D)