Vol.871

今年の熊本は本当に色んなことがあって、これまでとは違う年の瀬を迎えている。
風が冷たくなってきている街を眺めるとあちこちに自身の傷跡が目につくのだがそれでも少しずつ復興を遂げている場所もある。自身の後もしっかり立ち尽くす熊本城は頑張ろうと私たちに呼びかけているようだ。できる限りいつものようにこれまでのように、歩みを進めていかなければならないのだ。風景は少し変わったが負けずにこの地に感謝をしつつ、ここにいることをここで生きていけることに感謝しこれまで以上の熊本にしていこう。冷たい風に吹かれながらそう思った。

161206_kei

忘年会の季節、夜の街はいつものこの時期より活気があるように見えて、嬉しい。
街角に立って、行き交う人達を見ているとなんとなく嬉しくなってくるのだ。
楽しい時間を暖かなひと時を、今年のような年だからこそ過ごして欲しいのだ。
そしてきっと熊本の人たちは、いつもよりも更に敏感に感じることが出来るのではないかと思う。