Vol.857

あっという間に、あと数日で9月である。台風の影響もあってか週が明けた途端、秋のような空気になり驚いた。9月下旬から10月上旬の天候だったそうだ。夏の終わりは夏休みが楽しみだった小学校の時と何ら変わらぬ寂しさを感じる。風が冷たくなると人間の本能なのだろうか?これから秋そして冬へと季節は移っていくのだ。日本人の情緒というのは、この四季にも大きく育まられていると思う。そんな寂しさの中、私は番組の出番も少なくなっているような気がして、さらに寂しく思っている。

160830_kei

この仕事は因果なもので、この時期は微妙なのだ。以前にも書いたかと思うが放送番組は、4月と10月が改編期で、番組にもよるが新しい番組は、半年くらい前から準備が始まる。つまりここでオファーが来ないと、一年は仕事がないという寂しいことになる。それでもこの番組のような長寿番組だと、長く続いているから尚更、様々な不安がよぎるのである。さあ、この秋からもパチプレの司会席に私は座っているのだろうか?