Vol.818

早いもので11月の声を聞こうという今日この頃、毎日快晴で日中はまだまだ暑い日が続くと思っていたら、ここへ来て寒冷前線の影響で、大荒れの天気となった。これでも確実に季節は進んでいるのだろう、この後は一挙に寒くなりそうな気配である。

さて流浪のパチンコスロット教養番組『パチプレTV-R』であるが、基本は幾つかの撮影用のスタジオを使用しての撮影であったのだが、その撮影スタジオの都合で、これから二週間くらいは使用不可となります的なこともあるのだ。そんな時は急遽撮影場所を探すことになる。レギュラーではなくほんの2回分くらいの撮影。ご存知のようにこの番組は、スタジオ収録はオープニングと、エンディングそしてたまに、真ん中のスタジオがあるくらいでその他はホールでの取材(深夜ロケが基本である)そんな時は、カメラの都合もあって我々MC陣から3メートル位距離が取れる場所を探すのだが、これがなかなか難しい。
151027_kei
ある時は、ごく普通の民家を使ったことがあった。番組スタッフがそれまで住んでいて引越しは終わったものの、しばらくはまだ借りている状態の空き家で撮影することになった。全く一般の民家、畳敷きの居間での撮影である。まあ、ソファーをおけば、そこは撮影のプロである。足元を切って写らないようにすれば、民家スタジオの出来上がりである。これもまた17年もやっている、番組ならではである。そういえば、民家といえば、河内にある二階建ての古民家風の別荘で撮影していたこともあった。
私の友人が所有していたもので、一ヶ月に1〜2回くらいしか使わないのでと、快く貸してくれた。撮影は、居住空間ではない二階の広い部屋を提供していただいた。そこで、1年くらいだろうか、いやそれ以上かもしれないが、そこで撮影していたことがあった。高台に建つその古民家風別荘は、ロケーションもなかなかよく、二階の窓を開けると、海が見下ろせとても素晴らしいスタジオだったのだが、なにせ番組は深夜のバラエティー番組である。窓は締め切り、なんだか秘密の隠れ家で悪いことでもしているような後ろめたさに囚われながらの撮影だった。
ただ、山の上のしかも古民家である、広いのは広いが、冬場の撮影は特に大変でストーブをお借りして部屋を暖めてもなかなか暖まらず、スタッフ全員凍えるような寒さの中撮影をしていたことがかなり印象に残っている。