Vol.759

9月である。はっきりしない夏は、あっという間に過ぎ去り9月になってしまった。
猛暑とか酷暑とか言われていたが、まあ、晴れている間は暑かったといえば暑かったが
それよりも、晴れていることが少なかった。日照不足が問題になっていてもう我々庶民には野菜の価格が高騰しているところから、深刻な問題になりつつある。雨の日が多かったのは多かったのだがこちらも降ったら降ったで、これがまた大変な雨になったり落雷がすごかったり雹が降ったりとこれまでの経験したことのないような様々な天気が我々を襲った。

夏休みの期間が終わりに近づくと、晴天が少ないことも手伝って、涼しい日が続いた。
9月に入った今日もなんだか涼しい。熊本は藤崎宮秋の例大祭までは暑さが続き、それが過ぎると風がめっきり秋めいてくるのである。それが、このあと暑くならなければ、二週間以上も早く秋になったことになる。本当にいろんなことが想像できない事が次々に起こるそんな時代になった。
こうやって考えると、この冬はどんな冬になるのか心配である。みなさんも十分に気をつけてお過ごしいただきたい。