Vol.756

やっと台風が去ったが、日本列島は蒸し暑い日が続いている。
幸いな事に今回も熊本は、被害が少なくて住んだのだが、同じ台風で全国的には、豪雨となったところもあるようだ。謹んでお見舞いを申し上げたい。

いつも思うのだが、台風が来ると新聞やテレビ、ラジオでどんなに声高に叫んでも実際に台風の影響で風が強くなったり、雨がひどくならない限りはなかなか行動に出ないのが人間なのだろう。今現在が晴れていて、風も穏やかならばほとんどの人がいつもの服装で、どうかすると傘さえも持たないで外出する。たとえ夕方からかなり雨風が強くなるとテレビやラジオで言っていたとしてもである。
ニュース映像で台風の風雨が強まっているのに、ウインドウショッピングにでも行くような服装で透明のコンビニビニール傘で台風と立ち向かう人が多いのだ。
140812_kei
風が吹き始めてから初めて家の周辺の様子をあらためて見て回り慌てて片付けをする人も多い。
なんで、こんな状況で屋根に登ったり、裏山を見に行ったり、川の様子を軽装で見に行ったりしてしまうのだろう。人間というのは「まさか◯◯◯」といつも自分は無関係のように思いたがる。
これがきっと油断というやつで、大変な目にあってしまうことになるのだ。

これからも今年のうちにまだまだ台風はやってきそうだし、自然災害は多発しそうである。どうか自分は無関係と思わず、自分自身を大切にしてほしい。これは自然災害だけのことではない。「自分だけは◯◯◯」ではないのだ、いつ誰にだって起こりうる世の中だということを心しておきたい。