Vol.715

なんだか、最近忙しい。儲かる話は全くないのに、忙しい。
つまり雑用ばかりの日々が続いていると言うことだ。
雑用はどんなものかというと、これがまた様々で多岐に渡る。
鉛筆削りからゴミ捨て、郵便物の仕分け、機材のメンテナンス、消しゴムのカス掃除、企画書作りからプレゼン、ロケハン、現場のムード作り、演出、出演、ナレーション、編集、制作と何でもやる。
そのうち、自分が今やってる事が分からなくなる。統括プロデューサーな〜んて言えば物凄く聞こえはいいが、ようは何でも屋さんなわけで、そう考えると、心中穏やかではない。

しかし、そうやってないと生きて行けないわけで…貧乏症なのかもしれない。
性格上ええカッコしいなので、そんな状況でも髪振り乱すことすらもできす。
うずら笑みを浮かべながら、仕事をこなして行く。
俺の仕事って何なのだろうか?と、時折考えこんでしまう。

しかし、人間仕事と思える何かがあるだけで、幸せなのだ。束の間のスタバ休憩中に、そんな事を考えた。と書きながらも、この後ここスタバでインタビュー…。