Vol.683

三月である。いよいよ番組改編と言うのも迫ってきて、にわかに気ぜわしくなってきた。

やれアノヒトがアレをアソコでやるらしいとか、あの番組なくなるらしいとか、あの人は部署が変わるらしいとか、まだ社内機密でとか、誰が言ったか知らない話がアチコチで真しやかに語られる時期になった。

不思議なのはこの三月あたまに至っても、まだ正式発表されないわけで、業界各位はなぜにそんなことにこだわっているのか全く見当がつかない。不思議な世界、業界である。私はと言うと何ら新しい話はなく、ただ淡々と何事もなくこの番組改編と言う青天の霹靂というか、寝耳に水と言うか、業界特有のもったいぶった空気の中をスルスルとすり抜けられれば一番なのであるが、なかなかそうも行かない。改編にあわせてこの時期は年度替わりや節目の季節とあって、特別番組や単発番組そしてCMの制作なども活況を呈してくるのだ。

まあ一時期に比べたらその規模も予算もすべてコンパクトにはなったが・・・。こんなときだからこそ攻勢をかけるなんてそんなところは地方にあっては本当に数えるくらいしかない。いや一つや二つかもしれない。予算はどこの世界も今は同じだと思うが、削減の一途をたどっている。いったいいつになったら我々末端までアベノミクスの効果が反映されるのだろうか?まあ、我々のような零細企業には影響はないのかもしれないが・・・。

兎にも角にもなんとかこの時期を、やり過ごして本来の業務に勤しまなければならないのだ。
このページを愛読してくださっている方はお分かりだと思うが、そうそう引っ越し作業もまっただ中であるからして、以前の事務所と新しい事務所を行ったり来たりしながら、もう少し頑張らなければならないのだ。無事に全面オープンとなった日には皆様にもこのページでご披露させていただきたいと思っている。

さて今日は「啓蟄」春はもうそこまで来ているのだから・・・。