Vol.831

日本列島はまた、冬型の気圧配置になってきた。明日の朝最低気温は氷点下が予想され、
週末寒くなりそうである。こうコロコロ天気が変わるとやはり体がついて行かない。
みなさんも体調管理に十分お気をつけ頂きたい。このあとは三寒四温を繰り返しながら春になる。
そんな今の時期は受験生の皆さんはついに、本番がやって来た。普段通りの力が発揮できるよう、
気をつけて、落ち着いて、試験に臨んでいただきたい。大願成就を祈る。
先週は、ラジオの特別番組の制作などあってまたまた、忙しい時間を過ごしたが、日曜日に幸いなことにホールに出かけることが出来た。前回も負けの報告をしたが今回も、負けって言えば負けのご報告である。ホールに到着するまでは「CR牙狼(ガロ) 魔戒ノ花」を打つつもりまんまんだったのだが、今回は、番組の特集のコーナーで今後ご紹介する予定の「海物語 in Japan」を打ってみた。
大当たり確率約319分の1、確変割合約60%、時短100回というスペックだ。今回も2台を打ち
一台目は7Kほど投資、そして二台目に移行し、3K投資したところで、また、レギュラーで大当たり。
時短消化中にレギュラー大当たりからの確変昇格以後、14連チャンである。

160202_kei1 160202_kei2
160202_kei3

いやいや安心してください。

無駄に勝ってしまうとその後が、問題である。時間に余裕があってホールに出かけると、まだまだ時間があると思うとついつい誘惑に負けてしまう。気になっていた「CR牙狼(ガロ) 魔戒ノ花」の1000回転ほど回ったハマリ台を打つことに。勝っているので、気持ちも懐にも余裕がある事も手伝って、ワルノリに走る。そして、そのワルノリが見事に最悪の展開を呼びこむのである。なかなか当たらず、6000発分ほど打ち込み、単発であたり終了。

160202_kei

その後も、3000発位を別の台に投入し、その日は終了。結構勝たせていただいていたので負けてはいないもののどんよりとした気持ちは拭えないまま家路についたのだ。みなさんには、勝ち逃げを是非ともおすすめしたいが、こんな無意味な価値をした時には、台の動向をみてみる貴重な体験をすることができるのだ。と負け惜しみ・・・。

Vol.830

数十年に一度の寒波が九州を襲った。
まさかこんな事になるなんて、誰も想像しなかっただろう。天気予報では、話は聞いてはいたものの、あの暖冬チックな流れからは、全く想像出来ないことであった。ほとんどの人が、「あ~また、結局大丈夫だったじゃん!」ちゃんちゃん!となると思っていたのに。前の日まで、このままで終わると信じていたと言うか、安心していた。その夜から冷え始め雪になり、翌朝日曜日には、あっと言う間に、積雪。熊本市内でも場所によっては、5センチ以上積もった所もあった。日中気温も上がらず、大雪のあとは、路面の凍結そして、まだ尾を引いている水道管の破裂からの断水。困ったものだ。

160126_kei10 160126_kei11
160126_kei12

しかし、滅多に積もらない雪に喜んだのは子どもたちで、可愛い雪だるまをあちこちで見かけた。ホールに行ってた人も驚いただろう、ホールを出たら一面銀世界。一時は北国かと見まごうばかりの、吹雪状態で風も強くホワイトアウト状態になった所もある。熊本よりも、長崎や佐賀、鹿児島の方が酷かったのも驚きであった。みなさんは、どんな風に過ごされたであろうか?私は土曜日の午前中に、きっちり食材を買い、土曜日の夜は、おでんを日曜日は、ロールキャベツを作り、家でゆっくり過ごした。

160126_kei13

もっとも、月曜日は、アイスバーン状態の道路を想定し、歩いて局まで向かい生放送をやった。
さて、肝心の立ち回りその後なのだが、安心して下さい。負けを喫しております。

Vol.829

寒さが一段と厳しくなりそうな感じの天気が週明けから続いている。風の強にも驚いたし関東の雪にも驚かされた。これから2月にかけて寒い日、積雪の恐れのある日も続きそうだ。今週末もかなり寒くなって雪が心配されている。皆さんも十分注意されるよう。

さて先週の続きであるが、先々週金曜日仕事で福岡にいた。熊本よりはかなり寒い福岡の海風はかなり体にこたえた。そこで一つ目の仕事から二つ目の仕事に向かう途中で、たまらずラーメン屋に立ち寄った。新しく出来た店らしく、博多なのに油そばの店で、いやもちろん博多ラーメンもあるのだが、ここでやはり油そばを注文するのか、博多ラーメンを注文するかで、私の中ではかなり葛藤があった。このラーメン店はかなりフレキシブルなお店で、つけ麺もメニューにあった。
さあ、油そば、つけ麺、博多ラーメンと揃えられたら、さてどれにする。しばし考えた挙句、寒さには勝てず博多ラーメンを注文。初めての店にしては、選択には間違いなかった。まあ、いっても専門は油そばなわけで、またいつの日か暖かい日に油そばはいただきたいと思ったのであった。

160119_kei

さて、仕事は順調に終わり、時間にもゆとりがあったので、遊んで帰ることに。
昨年は福岡に仕事に行っても、ほとんどがとんぼ返りというスケジュールだったので久しぶりに、福岡のホールを少しだけ立ち回ることに。昔は天神のプラザによく出かけたが、寒さのあまり心折れたのか手前のMJ天神にここでは以前GODでお世話になった。十数年前の話である。それからはあまり立ち寄ることがなくなったホールだった。
どうせ打つなら久しぶりなので、牙狼〜魔界の花を打とうとホールに入ってみると、金色と魔界が半々のシマがあり、まずは金色に座るも全く回らず、しかも夕方も早い時間だったせいもあってどの台もあまり回っていない。仕方なく一度だけ大当たりをしていて300回転ほど回った台に座る。これもあまり回る方ではなかったが、金色よりはましだったので、しばらく打つことに。すると3Kほど打ったところでやっとリーチが、ほとんど期待薄なリーチで期待もせず後2Kほど打ったらやめて帰ろうとしていたそのときあっさりノーマルで当たってしまい、バトルボーナス。
これも昇格もせず、カウントダウンが進みいよいよ10カウントに、ドキドキしながらのカウントダウン。なかなかボタンは現れない。非常にも3、2、1と進み、1でやっとボタンの登場、するとこいつがあっさり当たりまたノーマルだったが昇格。そしてあの忘れもしない怒涛の連チャンに。私の椅子の周りは、あっという間にはこの砦が築かれたのであった。

160119_kei1 160119_kei2
160119_kei3

Vol.828

今年は年明けから、なんだか調子がいい。不思議なくらい色んな意味で調子が良い。昨年は11月くらいからかなり仕事が忙しかったせいもあり、家庭そっちのけで年末年始を走った。そこで、元日ラジオの仕事を終えてから、ネットでビジネスホテルを予約、高速道路で大分にむかった。

20数年前までは、大分で結構仕事をしていたのだが、ここ20年位足を運んでもいない。ましてや高速道路が出来て便利に成っているにもかかわらず、全くノーマークだった。ところが、皆さんも御存知かと思うが、大分は先日駅ビルが完成し駅周辺も大きく再開発された。それらを自分の目で見ることと業界がどんな状況に成っているかを確認すること(市場調査も)大切なことなので思い切って大分を訪ねてみることにしたのだ。

家族への帳面消しで、少しだけ正月気分を家族に味わってもらうために計画した。一人で車を運転して市場調査に行く思いをすれば遥かに安心なのである。しかも時期はお正月という、新しく出来た施設では必ずイベントなどをやっている絶好の時期なのだ。

仕事が終ってからの運転は少しはしんどいが、少し我慢してその道中も楽しめばいい。ホテルに着いたらそれこそずっと呑み続けてもいいくらいなのだ。しかも意外と高いと思われているこの時期の宿泊は、ビジネスホテルのアウトレット的プランを選択することで意外とかなりお安く利用が可能となるのだ。

というわけでの、大分である。大分駅ビルまで歩いて15分ほどのビジネスホテルに陣取りここから徒歩圏内で食事、息子たちの行きたい駅ビルに連れて行き、勿論駅近くといえばホールもあるので、短い時間でもするっと楽しむことができるwww で、大分二日目に二時間位の自由時間を設定、それを活用し今度はホールの市場調査!

するとどうだろうか、座ったわずか一台しかない新台、投資すること1Kで大当たり!③箱位を積み上げ終了。その夜の食事代金となった。その後の話はまた来週!

Vol.827

2016年の新年は穏やかに明けた。
寒すぎることもなく、雪が降るでなく、天気悪いわけでもなく、穏やかに明けた。
例年、新年のご来光を拝むために沢山の方が寒い中を長時間ご来光を待たれたりするが、結局雲の影響で見れなかったりすることもよくあることだが、今年のご来光は少しけむってはいたものの見事なご来光を拝むことができた方も多かったのではなかろうか?年が明けて元日のお昼もこれまた陽が差して暖かくお札やかな元日だった。

改めまして、明けましておめでとうございます。
本年もさらにパワーアップして楽しい番組作りにスタッフ一同邁進いたします。
何卒よろしくお願いいたします。今年最初の放送は、昨年末にお知らせした通りに、沖縄からのハチャメチャ旅の様子を南国の風に乗せてお届けします。そして、ここから新プロジェクトが始まります。どうぞさらなる期待の上ご覧いただければ幸いであります。
今年一年が皆様にとって、穏やかで楽しい一年でありますよう。
今年一発目の放送をご覧いただくと、中幸せに、二回目もご覧いただくと大幸せになれますwwwたぶん・・・

Vol.826

暖かな春先のような暖かさの日中のまま、クリスマスを迎えようとしている。
今年は本当に天候が変である。ここ数年言っていることだと思うが、今年はそれに更に輪をかけておかしい。
確かに寒い日もあるが、これまでの冬とはかなり違う。この雰囲気で行くとこの先が怖い気がする。なんといってもここへ来ても日中夏日になるところがある。確かに寒いのは嫌だが、季節の変わり目を感じられないというのも悲しい。
みなさんにとってこの一年はどんな一年だっただろうか?番組にとっては、更にこれからの番組の役割みたいなものを確信した一年でもあった。様々なことが移り変わってゆく中で、一日の終りに番組を見てホッと一息ついていただけるよう。
楽しくおかしく和める番組をみなさんにお届けするのがこの番組の役割であると、そしてこれからもみなさんと一緒に番組を作り上げてゆくことがとても重要だと更に確信した一年だった。まあ、何よりも我々スタッフはみなさんとホールで過ごすことが何より楽しく、皆さんと触れ合うことができるホール対戦と元気フェスタがみなさんと我々スタッフを繋いでくれる絆のようなものであるから。このページや書き込みも勿論その一翼を担っている。

151222_kei

さあ、今年も本当に残り僅か、まだまだやらなきゃいけないことはたくさんあるが、みなさんも身体には十分気をつけていただき新しい年を迎えていただきたい。
年末年始にホールで我々スタッフを見つけたら気軽に声をかけていただきたい。
今年もありがとうございました。来年も宜しくお願いします。

Vol.825

この時期は、我々のような仕事は、本当に忙しい。もちろん忙しいほうが暇よりかはいい。
少しだけいつもより忙しい師走を過ごしている。番組収録、編集、納品、そして忘年会の嵐。
忘年会のほうはなんとか一段落し、後は、特番、番組の編集納品を急ぐこととなる。
ここ数年比較的余裕のある年末年始を過ごしていただけに、ここへきての忙しさは、嬉しい悲鳴と言っていい。仕事してなんぼの我々の仕事この時期に余裕をかましていると年明けが大変なことになる。あと一踏ん張りといったところなのだから、頑張らなければいけない。
いつもはギリギリまでバタバタするPTV−Rも順調に年末年始分の番組制作が進んでいて、安堵しているところだ。今年は、ここに来ても日中暑い日が続くといった異常気象の日々、今週の半ばくらいからいきなりぐっと冷え込んできそうなので、みなさんも体に十分気をつけられ新しい年の迎える順次をしていただきたい。私も仕事の合間を縫って少しは手伝わないとこれまた大変なことになりそうな予感・・・。まずは、キッチン周りからか・・・。

Vol.824

熊本は南国だと思われがちだが、本当の意味で南国の沖縄からすると、かなり寒い。これは沖縄ロケに行ったその日に痛いほど感じた。熊本では天候不順で日中は暖かく朝夕がかなり冷え込んでいた。そんな中、早朝のラジオが終わってから旅立つ私は、早朝出勤のためとは言え、少しだけ軽めの冬の出で立ちでラジオ番組に出て行った。それはもちろん、沖縄への行き帰りは寒くなることを予想してのことだ。

151208_kei

飛行機の機内は空調のおかげで、快適に過ごすことができたので、その機内でライトダウンのジャケットをしまい、ロンT位にとどめておき、ジーンズの裾を短めにロールアップもしていたのだが、空港に降り立った途端ムッとした暑さで、ホテルの部屋に入った途端、短めのパンツと半袖のポロに着替えた。日中は二十数度まで気温が上がる沖縄はさすが、南のリゾート地である。
眩しい太陽とまではいかなかったのだが、南国の気分(暑さ)を十分に感じ、無事に帰ってきた。その模様は新年明けてからの放送になる。楽しみにお待ちいただきたい。
今年も残すところ二十日あまり、体調管理に留意され過ごされんことを。

Vol.823

早いもので12月になった。番組をはじめて17年が過ぎ18年目に突入した。我々出演者陣はMC奥田、岩清水、城次ともにこれまでの17年間で一緒に旅をしたことはない。勿論番組は、これまで名古屋・東京・山形?には出かけてそれぞれパチンコ・スロットのルーツを探るべく様々な調査を進めてきたのだが、全員が一緒になるということは殆ど無かった。

しかし今回初めてと言える全員揃っての旅が実現することとなった。パチプレTV-Rが、来年新たな方向へ進んでいくためにそして、番組をスタート当初から応援し一緒に楽しんでくださっているみなさんのためにも、一緒に楽しめる何かを用意するためにその企画開発のための旅を考えたのである。詳しくは来年年明けの番組をご覧頂きたい。番組の新たなチャレンジとともに我々出演者陣の心意気みたいなものも感じていただけるはずである。
151201_kei
さて、今年も残り一ヶ月であるが、みなさんは今年一年の立廻りはどうだったであろうか?新たな基準の話がみなさんにも届いていると思うが。パチンコ・スロットを取り巻く環境はかなり厳しいが、これまでもその基準が見直されるたびに、新たな楽しみ方が提案されてきた。我々のパチンコ・スロット教養番組のさきがけとして様々な楽しみ方の提案をしてきたと思う。17年の歳月の中で我々が肌で感じ、たくさんのパチンカースロッターと話してきたことを番組に反映し、そして庶民のささやかな楽しみで在り続けられるパチンコ・スロットの楽しみ方をこれからも提案し続けたいと考えている。今年も残り僅か収支を上げて来年も楽しくプレイをし続けたいと考えている師走である。

Vol.822

パチプレTV-Rは、これまでに様々なゲストを他のパチンコ番組に先がけて出演していただいてきた。銀玉親方氏に始まり、大崎一万発氏、ひやまっち氏、ヒロシ・ヤング氏、ういち氏、中武一日二膳氏、ゼットン大木氏、守山有人氏などパチンコ・スロットライターという職業ジャンルの礎を築いた方々がこぞって来てくれた。
今では、若いライターや女性のライターも増え、現在に至るのである。そうそうたるメンバーがこの番組の黎明期を支えてくれたと行っても過言ではないと思う。時には彼らと一緒に酒を酌み交わすこともあった。大崎氏とは名古屋で楽しい時間を過ごし、ひやまっち氏とは熊本でおおいに呑んで気がついたら朝になっていたこともあった。普通のサラリーマンが通勤し始める時間に、千鳥足で明るい街を自宅へ帰るのは、本当にバツの悪いものである。しかしそんな中から、新しい番組のコーナー展開のきっかけを見つけることもあるのだ。
151124_kei
勿論先週も書いたが、番組に参加してくださる視聴者の皆さんも勿論大きな力になる。
番組ウェブサイトへの書き込みも、はがきもメールもその一役を担っているのだ。
これからも皆さんの意見をどしどし番組宛て送っていただきたい。この番組は、見ているあなたも番組作りに参加しているのだから・・・。