Vol.849

震災から3ヶ月になろうとしている6月末、余震は少なくなったのだが、まだまだ油断はできない。
この後は、雨が心配である。地震で地盤が緩んでいるのは勿論だが、これまでもかなりの雨が降っているのだ。しかも、雨の降り方も尋常ではない降り方である。あっという間に、側溝からも水があふれるくらいの経験したことの余り無いような短時間の降水量がまだしばらく続きそうなのだ。厳重な警戒が必要だ。そんな中、自宅の復旧を続けている。先々週の土曜日にやっと我が家に戻れる状況になりい一週間が過ぎた。コレを機会に様々に断捨離も断行した。そんな中一番の断捨離は、自分自身の意識なのかもしれない。

ものを大切にする「勿体無い」という気持ちは確かに大切なのだが、ものを大切にするということを
言い訳に、仕舞ったままでまったく使わないものが山ほどあることに気付かされたのだ。コレが一番厄介だ。いただきもののお菓子の箱を勿体無いからと沢山貯めて、貯めているだけでまったく使わない。それとほぼ同じだ。すっきり片付いた部屋が広く感じる毎に、これ以上モノを増やさないと自分自身で再確認する。自問自答だ。不必要な物を買わない保管しない、必要な物だけを最小限、そしていいものを大切に長く使う。コレが肝要なのだろう。今回の震災で学んだ重要なファクターの一つである。悲しい災害はそれだけにとどまらず、そこから何かを前向きに受け止めることで、強くなれるのではないかとそう思った震災後の日々である。

明日の明け方にかけてまた大量の雨が予想されている。今後も引き続き雨の降り方には十分気をつけてほしい。これからのパチプレTV-Rを共に楽しんでいただくためにも・・・。

Vol.848

こんどは、雨だ。地震で地盤が緩んでいるところが多い中だ、十分な警戒が必要である。
短時間に100ミリ超の大雨が熊本を襲っている。今こうやってコレを書いている最中にも窓を風が叩く雨もバケツの水をひっくり返したような雨が降っている。

記録的短時間大雨情報も発表された。
明日この文章がアップされる頃には、かなりの量の雨が降っているはずだ。
十分ご注意いただきたい。熊本市は西区で1時間に120ミリの雨を観測した。
大地震の後の落雷突風そして大雨である。県下全域注意が必要だ警戒を怠らないよう十分注意していただきたい。

Vol.847

震災から2ヶ月が経とうとしている。一時期に比べたら少なくなったとはいえ、まだまだ余震が続いていて数日前も震災以来の震度5弱を八代で観測した。これから1ヶ月くらいは、震度5以上の地震が発生する可能性もあると言うことで、まだまだ心配は尽きない。皆さんも十分ご注意いただきたい。
160614_kei
我が家もやっと片付けの目処がたった。足の踏み場もなかった瓦礫の山のような部屋に先ずは動線を確保し、倒れた家具をひとつずつ起こし開かずの扉を時間をかけて、少しずつ隙間を広げ、ヒトサイズまで空いた隙間から、部屋にはいり、扉の向こうの瓦礫を片付け、扉を開いた。やっとの思いでここまで来たのだから、あとは断捨離も併せて行うことで、我が家は生まれ変わるのだ。あともう少し、あともう少しで住める我が家になるのだ。さあ、あとひと頑張り!

Vol.846

今日も今日とて、スケジュールの5分の3は片付けだった。早くしないと家での生活が出来ない。先日から申し上げているように、震災後会社を片付けそこで生活をしている。息子も少しずプライバシーを大事にしたい時期になってきたらしく、私自身も仕事に没頭したい時も出てきたりして一日も早く震災前の生活を取り戻さなくては、ということで片付けの日々が続いているのだ。

震災の片付けイコール断捨離からのぉ〜リフォーム的な展開になるのだ。そこにはマンションをかった時のような新しい我が家を手に入れようとするときのワクワク感と同じようなものを感じる。とは言いながら、最後の部屋寝室の扉を開けてから結構日が立つのだが、やっと少しだけ進展した。

ベッドに四方八方から倒れていた棚や家具を昨日やっとの思いで立てて、落ちた荷物や洋服で覆われたベッドがやっと見えてきた。そして今日は物や服で覆われたベッドの上を片付け、ワイヤーだなを分解し、ベッドをも解体!すべて被災ゴミとして処分した。その後にタンスやクローゼットに仕舞ったままになっていたタンスの肥やし達を選別する作業に、そしてその後は住まいにも成っている会社に戻り、番組を2本作って、来客を迎え、その後テレビの撮影にと、頑張った一日であった。そしてこれからロケに向かうのである!

Vol.845

いろんな意味で随分落ち着いてきた。
余震もだいぶ少なくなって来たようだ。
まだまだ、自宅には住めないが少しずつ震災前までと同じような時間の流れが戻りつつある。
震災以来閉まっていた店も、かなりの数で再開してきて、夜の街も煌びやかさを取り戻しつつある。
このまま再び地震が来ない事を祈るばかりだ。
160531_kei
さあ、明日から6月!
番組もスタッフ一同、みなさんに笑顔になって頂ける番組作りを進めて行きます。これからもパチプレTV-Rをどうぞよろしくお願いします。

新しい企画でみなさんとお会い出来る日を楽しみにしています。って、新しくないかも…(^^;;