Vol.792

いよいよ今年もGoldenWeekがやって来た。
今年は、一番長い人で20連休、なんとひと月の三分のニが休みである。これでは、連休明けが怖いし、お金がいくらあっても足りない。自分自身の事を考えると、ハワイにでも行かない限り長い休みがあったとしても、時間を持て余すだけだと思う。

三日間の休み位であればやる事は沢山あるし、時間が足りないと思うかも知れない。しかしこれが10日となると、何をしてどう過ごすかかなり考えなければ、ただ漫然と時間だけが過ぎていく事になりかねない。

しかも20日なんて長きに渡った日には、いったい何をして過ごせばいいのか、全くわからなくなる。20日あればまあ、それなりにお金もかかるし、気苦労が絶えないと思うのだ。そう考えると、長い休みもなかなか大変なんだと理解できる。休みは欲しいのだが、実際にどうなのか?考えるGWである。

Vol.791

やっと晴れ間を拝む事ができた。
今日は穏やかに晴れて、気持ちのいい春の陽気となった。これから一週間は、雨は降らなさそうである。
150421_kei
さて、人生何があるか分からないものだ、10日ほど前、少し寒気を感じたかと思ったら、金曜日の夜に高熱が出てしまい、翌日もスケジュールがいっぱいだったので、兎に角早目に床に入って、休養をとり翌日まで何とか熱を下げて、仕事に臨んだ。熱は下がったのだが、喉の辺りが何だか変な感じだったのだが怠さも熱も無かったので、週明けも通常通りに仕事をこなし、火曜日の夜には歓迎会の飲み会にも参加して、調子をこいて、絶好調で喋り続けたのだ。全く子どもと同じである。

家に帰ると、声がかすれ始めていて、それでも飲み会で喋り過ぎたせいと自分に言い聞かせて、帰ってからも調子こいて、喋り続けた。するとどうだろう、翌日の朝、声がでなくなってるではないか?朝のラジオの生放送時間を追うごとに、声がヤバイ感じになり、ついには、全く出なくなってしまった。それから、丸2日声が出ない状態が続き皆さんに随分心配をさせてしまった。もう、あまり若くは無いのだから、若い頃の様にやっちゃやりばなしっと言うのは通用しないのだ。しっかり、自分自身の足下をみて過ごすこともとても大切な事なのだと、痛感した一週間であった。

Vol.790

桜が開花する前後から天候が安定しない。晴天も長続きすることなく雨が降ったり止んだり、暖かくなったり寒くなったりこの天候の激変で体調を崩している方も多かろうと思う。間も無くゴールデンウィークになろうかというこの時期に、まだ安定しない天気が続いているのだ。昨日今日と大雨になったところもあるようだ、我々ではどうすることもできない自然の力抗うことはできないのだから、静かにこの天候が落ち着くのを待つしかないのだ。このページの読者の皆さんも体調管理には十分ご注意いただきたい。

先日から立ち回りで調子がいいと続けてきたが、それもやっとの思いで終結したようである。先週末から今週にかけてまた話題の新機種がホールには登場して、私もGODそして牙狼の新台を打ちたくて仕方ない気持ちをぐっと抑え、仕事が終わるまでと我慢してきた。やっと時間ができて日曜日の夕方出かけてみたのだが、話題の機種ということもあってまったく空いていない。
仕方なく旧台を打つことにしたが、これがまあなんとも、この間までのヒキの強さが嘘のように、まったく当たらない・・・。

しかしどうしても新台を打ちたくてとりあえず、台を変わりながら待つもまったく当たらない。最近の私のヒキも確実に終わった感じで台が空く頃には新台はもう当たり尽くし、本当に触っただけという感じで終了した。これからしばらくは、またヒキ弱が続きそうである。

Vol.789

今年は例年よりも桜が美しかったようなきがするのだが気のせいだろうか?
春の嵐が日本列島を吹き荒れて、やっと美しく咲き誇った桜を見事に散らした4月のはじめ、皆さんはいかがお過ごしだろうか?花見がとうとうできずに散ってしまった。と残念がってる方も多いだろう。

さて巷のホールでは、今まさに話題の新台がホールには導入されて、今度はこっちで落ち着かないって方も多いだろう。私も大好きな台である「牙狼〜金色になれ」そして、牙狼の最新機種である「絶狼」コレを何とか打ちたいと、近くのホールに出かけてみたが、夕方開放ということで残念ながら、人が打っている姿すらも見ることは出来なかった。

私自身の立廻りはといえば、最近いい具合に楽しい思いをさせてもらっている。ホールに行く時間は限られているのでゆっくりとまでは行かないが、ありがたいことに短い時間で有意義な時間を過ごさせてもらっている。まあ、とにかく少なくとも今年になって貯金した分に関してはすっかり取り戻し無事におろさせていただいたという感じかとおもう。
今打ちたい台は、パチンコは「絶狼」スロットは「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」である。さあ、どうなる?今後の立廻り!

Vol.788

暖かい日と寒い日を繰り返しながら、ようやく春がやってきた。
熊本城の桜も、近所の公園の桜ももう満開である。今のところ
桜ちらしの雨はまだなく、優しく風に舞う花びらに何とも言えない風情を感じる今日此の頃である。

いよいよ新年度、新たなステージで迎える方も多いと思う。そして、我々の放送業界でもこの時期が
改編と呼ばれる移動の時期なのである。終わる番組、新しく始まる番組、それぞれ悲喜交交であるが幸いなことに皆さんにかわいがっていただき、17年目の春を迎えることが出来たのだ。
その間に、番組制作の新人たちもベテランに、独身だった出演者は結婚をし子どもが生まれ、その子が番組を見ることができる年齢になったりした出演者もいる。番組の歴史とともに我々の歴史も綴られてきたのだ。
150331_kei
さて最近は放送用語がだいぶ一般にも使われるようになったのだが、その中でもみなさんもよく耳にされる言葉が、「クール」3ヶ月を一括りで、コレを1クールという。放送番組というのは基本2クール、半年からスタートするのだが、こんなに長続きするというのは大変珍しいことなのだ。特にバラエティー番組は3年から5年続けばそれだけで結構すごいわけで、しかしそれは、キー局での話で地方局の番組でしかもバラエティー番組が10年以上続くということ自体奇跡に近いことなのだ。
きっとそれも、番組を見て下さる皆さんの弛まぬ応援のおかげなのである。ほんとうに感謝に耐えない。
パチプレTV-Rは、これからそんな皆さんとともに、コレまでにも増して番組に参加していただきながら
楽しい番組作りに励んでいくつもりである。どうぞご期待いただきたい。