Vol.771

3年ぶりの連続休暇を三日間だけ取ることができた。仕事がかなり忙しくなってきたこともあり休むに休めない状況にあったのだが、暇な時期があったせいかあまり苦でもなく3年を過ごした。
足の怪我と声が出なくなったことがあり、休暇を検討していた時に東京で行われる放送機器の展示会に誘われ三日間だけ休みを取ることにした。「えぇ〜ハワイじゃないの〜?」と思われた方も多いと思うが、三日間ではハワイはかなり厳しいし費用ももったいない。目的と目的地が決まったところで少ない日数をいかに有効にいかに低予算で出かけるかを考えることになる。
これはこれで結構楽しいということをやってみて改めて感じた。

141125_kei1

 

 

 

 

 

 

短い休みは短いなりになんとかなるものだと実感した。今回の東京出張はいろんな意味で収穫の多い旅にすることができた。これまで体験したことのない東京を多く体験することができたし、何よりもレンタカーを借りて東京を回ったのはかなりの収穫だったと思う。

Vol.770

寒くなった。これが本当のこの季節なのだが、なんだか体が夏バージョンからまだ秋バージョンになる前に秋を飛び越して冬がやってきてしまい、身体がパニックになってしまっている方も多いようだ。皆さんも十分ご注意頂きたい。今年は夏以降足の怪我や声が出なくなるなど、ちょっと寄る年波を大きく実感してしまうことがあり休養の重要さに改めて気付かされ、今週半ばから三日間だけ休ませていただくことにした。

DSC_0609休暇を取ると決めたら決めたで、色々と各方面に手配調整が大変で、代役をお願いしたり事前収録をしたり、先の分まで録音をしたりで、ま、休むのも大変なわけで・・・

それでも「休む」って言葉に行為に今からドキドキしているわけで・・・。そして業界特有の休んでしまうと、仕事がなくなってしまうのではないかという、漠然とした不安。

そうなると中々休めない・・・。しかしここは体あってのものであるから、心を鬼にして休む必要があるのだ。休暇は、出張を兼ねて(仕事するんかい!)東京なので、できれば東京でホールへなんて考えている私であった。

 

Vol.769

そういえば、先だってといっても一ヶ月前になるが今年も「元気フェスタ」がにぎやかに開催された。今年も我がPTVーRのブースは、毎年好評のスマートボールのチャレンジコーナーを設けた。今年も朝早くから沢山の皆さんにご家族でお越しいただき、スマートボールを楽しんでいただいた。元気フェスタが開催された二日間ともに、閉店ぎりぎりまで本当にたくさんの皆さんに行列を使っていただきPTVーRの面目躍如と言ったところであった。本当に並んでいただいたファンの皆さんに感謝したい。各方面からも、「いつもPTVーRのブースだけは、沢山のお客さんでにぎわってますよね」とか、「行列が絶えることがありませんよね」と言うお褒めの言葉をいただき、本当にお越しいただいた皆さんに深く感謝申し上げたい。そんななか、毎年来ていただく皆さんも沢山いらして、交代でブースで盛り上げる出演者に声をかけていただいたり写真を撮ってくださったり、我々はとても幸せな時間をいただいた。
141111_kei
番組はこの後は、いよいよ鯱リーグの勝者による名古屋珍道中の放送も近くなってきた。今年はどんな面白いことをやってくれるのか、敗者の出演者も楽しみにしているところである。さあ、あたらしい台も続々リリースされなんだか、ホールから様々な声が聞こえてきているので、私も落ち着かなくなっているところだ。
さあ、時間が出来たらホールに出かけるとしよう。

Vol.768

声が出なくなってから一週間何とか、声も普通に戻った。
これまでに経験のない声嗄れだったため、もうこのまま戻らないようなことがあったらどうしよう?
なんて柄にも無いことを考えたりしたが、何とか無事に声は戻った。

さて今年も残すところ二ヶ月を切ってしまい、いろんなことが頭のなかを駆け巡る「今年やり残したことはないか?」とか「何をどう準備して新しい年を迎えるか?」などと考えるにである。
よくよく考えてみると、今年はいつもの年に増してホールに足を運んだ回数が極端に少なかった。しかも、その少ない回数の立ち回りはすべて負け越しているような気がする。これは、なかなかホールに足を運べずたまたま状況が揃ったところでぶらりホールに、立ち寄ることが多いせいもあって分析も釘読みも予想もあったもんじゃなく、ただたんに打ちたい一心で出かけているので、試したかった台の空いているところに座るというのを繰り返したせいであろう。

image

以前だと少なくともどこのホールのどのあたりが最近出ているというくらいは、近所の2〜3ホールくらいは知っていたのだが全く足を運べる状況ではなく、それどころかホールもマチマチで、データどころじゃなく、完全に衝動だけで勝負に出ていたのである。しかもだ、打ち始めたら一体どのくらいで初当たりを引くのか、どのくらいハマってしまうのかなどが気になってなかなか、席を離れられないのだ。良くない連鎖である。
振り返りの立ち回りがこんなかんじなので、あと残り二ヶ月どうしたらすこしでもプラスに出来るのか考えながら、過ごしたいと思うのだ。