Vol.732

気がつけば2月も終わりである。番組が始まって以来、書き続けているこのページ。
毎年同じ時期には同じような話をしていると思うのだが、やはりこの時期は1月は行く、2月は逃げる3月は去るとあっという間に過ぎていく時間をかならずこう書いていると思う。毎年同じように感じているのかもしれない。
実はコレはとても大切なことで、自分を含む自分の周りで何か大きな事件みたいなものが起こると、とてもじゃあないけれどこんなことは書けないわけで、毎年同じ時期に同じことを感じることができる「幸せ」というのもあるわけだ。
これを難しい言葉でいうと「大過なく過ごす」というのだろう。「平穏無事」という言葉があるがこれが実は本当に難しい。

「大過なく平穏無事」に過ごせているのであれば、それはとても幸運で感謝すべきことなのである。しかし人間というのはわがままな生き物で、平穏無事な日々を過ごしていると何かしら変化を求め「刺激」が欲しくなるのだ。そのくせ様々なことが身の回りで起こると平穏無事を願うものなのだ。自分自身のことを考えて何か変化を求める気持ちがあれば、それは今がとても幸せだからなのかもしれない。
もうすごいつものように梅の花が咲き、桜の花がほころぶ季節がやってくる、この華やで穏やかな日々がやって来ることを今年も願うばかりである。

Vol.731

寒い毎日が続いている。関東甲信地方では記録的な雪が滅多に雪の降らないところにも大変な雪害を及ぼしている。わかりやすく言えば、熊本に雪が降って数十センチでも積もることを考えると、きっと全く日常の自由を奪われることになると思う。

外出なんて以ての外、きっと怖くてどこにも行けないくらいの状況になるに違いない。普段何気なく生活している自由さを奪われたときどれくらい不安になるかというのは想像に難くない。きっと我々は雪の積もった道路さえ満足に歩くことが出来ず、出かけるのすらおっくうになるに決まっている。山梨や群馬では孤立している状態がまだ続いているのだ。同じ日本人として考えなければいけない。

さて、熊本もずいぶん寒いのだが、先日久しぶりにホールに出かけた。もう数ヶ月ホールはご無沙汰だったので、打ちたくてウズウズしていたがここのところ全く調子が悪く(とはいっても、1時間位しかホールに居られないので致し方ないが)今回は時間があったのでガッツリ打つ覚悟で台を物色、物色と言っても今回の狙いは『パチンコCR牙狼ファイナル』である。まったく、勝てたためしがないので、チャレンジしてみることに。

1台目の台は、当日結構回っているのに全く当たりのないだいだったのだが、これが結構ガセで全く無反応。諦めて今度はそこそこ当たっている台に移動。こちらはこの日7連チャンして8回当たっている台、でその後500回転ほど回った台。これも打っていくうちになかなかのリーチがくるのに当たらない。やはり『パチンコCR牙狼ファイナル』とは相性がよほどよくないのか、どんどんドツボにはまっていく。打っていくうちに千回を越え気持ちもヒートアップ。

こうなったときが一番危ない。しかしこの日はガッツリ打つつもりで来たので、続けて打っていくと1200回転を越えたくらいで単発で当たり、その後も、短いスパーンで当たり、最後は5連チャン、都合7箱強で終了。なんとか負けずにちょいとプラスでこの日を終えた。

諦めないのが勝ちのポイントとばかりは言えないが、今回は幸いにして勝つことが出来た。また時間があれば行ってみたいと思う。

Vol.730

建国記念の日の祝日である。世間は休日で我が社の隣を通る幹線道路の国道も車の通りが少ない。
今日は数日前までの雨が嘘のように、きれいな青空が広がる絶好の行楽日和である。しかし、強い寒気が上空を覆っているせいで、まあ寒い寒い日中になっても気温は6度くらいまでしか上がらないようだ、日はさしているのだがほんとうに寒い。
DSC_1807先週末、東京近辺では記録的な雪に見舞われて、首都圏は大混乱だったようだ。その余波は、羽田発地方行きの空の便やJRの首都圏からの電車に、そして日本列島を縦断する主要高速道路の我々の足にも影響を及ぼした。先日の東京にように大雪に見舞われたりした際は、動かないのが一番なのだが、仕事のある人はそうも行かない。ただ、大雪に備えて自宅待機になったような場合は、安全な場所に身をおきじっとしていられればそれが一番なのである。

今日は休日なので、ホールで過ごした方も多いと思う。日頃職場で厳しい環境で仕事をするお父さんたちが息抜きで訪れるホール。このホールは冷暖房完備で、一時様々なことを忘れて過ごすにはうってつけの場所である。出来れば、その楽しんだ帰りに子どもたちにおみやげの一つも届けられるような時間を過ごすことが出来れば、明日からの仕事にも力が入るだろう。
さ、ホールを出ると暖かい家が待っている。

Vol.729

あっという間に節分そして立春がやってきた。暦の上ではもう春である。しかしこの寒さはすごい。昨日までは最高気温が15度前後と春の陽気だったというのに、今日はいきなり最高気温が10度以下なんて10度も気温が下がると体にこたえる人も多いと思う。歳を重ねるとこんな時が一番気をつけなければいけないのだ。急な気温の変化、急激な環境の変化、いずれも歳を重ねた身体にはこたえるのだ。ここをご覧の皆さんもどうか注意していただきたい。

番組はこれからバレンタイン企画なども登場!恋人、夫婦などカップルでの企画なども進行中。そういえば番組の中でも話したが、その昔(その昔という言い方がピッタリ!)カップルシートというものがホールにはあったが、今はそれももう過去の事になった。カップルで座れるようにベンチシートがしつらえられ、台も二人並んで打てるように二台が一組になっていた。と説明しても想像するのが難しいだろう。

ここの読者の皆さんのために、写真でもあればと調べてみたのだが、これが驚くことにカップルシートがまだ存在するホールがどうやら有るらしい。関東や関西のホールにはまだこのカップルシート(ペアシートとも呼ぶらしい)が存在するホールがいくつかあることが、わかった。しかも結構このカップルシートを探しているカップルも多いことがわかった。そういえば、彼氏はパチンコ好きで結構ホールに行くのだが、彼女の方は全くパチンコに行ったことがなく、一緒にだったら行ってもいいと考える女の子は多いらしい。普通だと、隣同士の席が開いていないとカップルが離れて打つことになるが、カップルシートであれば仲良く並んで打つことが簡単にできるのだ。

ネット上からはそんなカップルの「並んで打ちたぁ〜〜〜い!」という叫び声が聞こえてきそうなくらい、結構なご要望なのだ。さあ、皆さんいかがだろうか?熊本では10年以上前に絶滅したと思われていたこのカップルシートもしかしたら、熊本のホールでもひっそりと何処かで生き延びているのかもしれない。ご存じの方があれば、どうか情報を番組宛てお送りいただきたい。