Vol.720

あと数日で12月せわしない季節がやって来る。確かに、様々忙しくなるのだが今現在慌ただしいのかといえばそうでもない。これから日を追うごとに慌ただしさは増してくるのだが、今のところは・・・。まあ、レギュラーの仕事と年末年始の仕事、そして忘新年会のスケジュールが重なってくるので、たしかに慌ただしく感じるし煩雑にはなるが、今のところはまだ・・・。

DSC_2775s子どもの頃の年末年始に比べると、ずいぶん平日化したように感じる。子どもの頃は別に大人のように仕事しているわけではないので冬休みがやって来るのを心待ちにしていればよいのだが、昔からのしきたりや慣習みたいなものがきっちりと励行されていた。
その中で、家な仕事の手伝いをしたり大掃除の手伝いをしたりで、まあ、たしかに忙しかったとおもう。それがまた、年末年始って感じがしてなんだかよかった。慌ただしく過ごした年末から一変、年が明けるとノンベンダラリンとしたマッタリ感満載の正月である。
三が日は外にでるものではないとされた当時は、家でテレビを見たりゲームをしたりこたつを囲んで家族全員ですごしたものだ。

なんにもなかったあの頃、遊び場も遊び道具も、ゲーム機も携帯電話もテレビのチャンネルも少なかったあの頃のほうが、濃密で豊かな時間を過ごしていたようなきがするのは、私だけだろうか。今はほんとうに便利で三ヶ日関係なく店も空いてるし、遊びに行く場所も当時と比べ物にならないくらいたくさんあって、しかも携帯電話で世界中どこでも連絡が取れ、音楽も動画もゲームも楽しむことが出来るはずなのに、薄っぺらい表面だけの感じがしてならない。たしかにそれらの便利さを時に享受しているのだが・・・。何が幸せで何が便利なのだろうかとふと考えた2013年の冬の始まり・・・。

Vol.719

暑い毎日が続いていると思っていたら急に本格的な冬がやってきた。番組をご覧の皆さんの中にも、体調を崩していらっしゃる方もおいでかと思う。季節の変わり目ただでさえ、体調を崩しやすい時期、くれぐれも体調管理にご注意いただきお過ごしいただきたい。

DSC_2716番組スタッフはと言えば、全員絶好調で毎回楽しげな番組をお届けしているつもりである。気がつけば今年も残りあと1ヶ月と1週間あまり。やり残したことがなかろうか。いや私はやり残したことがたくさんある。名古屋にも行けなかったし、勝ち越しで終わるはずだったのにどうも結果は芳しくない。今年は全体的に何だか変で、城次が番組の中で調子が良かったりする。

番組とプライベートは全く違うと思うのだが、城次のあの勝ちっぷりには全くカチンとくる。何時からキレキャラになったのかといわれるが、腹が立つ時は腹が立つのだ。今年は会社を移転し、気持ちも新たにスタートしたというのに番組のバトルに関しては全くと言ってよほど良いところを見せることができなかった。来年こそはいつもの調子に戻って皆さんに貴重な映像をたくさんお店したいと思っている。

この年末年始には、心待ちにしていた台も続々導入されるはずである。またあの奇跡の映像皆さんにたくさんお見せすること今年の締めのお約束としたいと思う。とは言ってもまだまだしばらく年内番組は続くが、もうそろそろ私の本領発揮ができるかと思う。それまで名古屋の映像でしばし笑っていただきたいと思う。

Vol.718

2週にわたってお届けしている、私のメガネ話。もうTVでご覧いただけた方もいらっしゃると思う。さあ、それでは先週の続きのお話をしよう。
メガネが顔の一部つまりは私の一部となってからは、メガネが少し違うだけで「なんだかイメージが違う」と思われることとなる。当時メガネは大変高価なもので、2つ持つようになったのは大学に進んでからではなかったかと思う。昨今、価格破壊?とやらでメガネもずいぶん安くなり、いくつも持てるようになった。ここまでは先週お話ししたとおりだ。では、つづき。

私は仕事柄このメガネをかけているのが私の顔なので、周りがコンタクトレンズにしても、変わることなくメガネの顔でTVなどに出させていただいている。今現在持っているメガネは、十数個。気分やファッションに合わせて、変えているのだが、かけやすいメガネが頻繁に登場する。で、最近のメガネは本当にデザインの豊富になって、ファッション感覚で着替える人も多くなってきた。
実は新しいメガネが私のワードローブに加わった。「白いメガネ」である。この夏辺りからずっと白いフレームを探していたのだがなかなか見つからず、見つかっても気に食わなかったり高かったりと、なかなかうまく行かないものだ。

ところがである、ある日のこといつまでも衣替えできない今年のつなぎの服を買いに、ヒートなんちゃらを発売しているあのお店に行った時のことだ、夏物の服やアクセサリー等がセールになっていた。そこで見つけてしまったのだ。探していた理想形の白のメガネ。いや正確に言うとメガネではなくUVカットのサングラスのようなもの。これがなんと、500円!ワンコインなのである。メガネが安くなったとはいえ、気に入ったメガネを安価なショップで見つけるのは至難の業である。
もちろん即買した。フレームが見つかっているのだから、あとはこれに安価なレンズを入れてもらえれば、お気に入りのメガネの誕生と相成るわけだ。ところが、それも安くないと意味が無い。そこで、レンズだけでも入れてくれるメガネ屋さん探しに移るわけだ。幸い仕事に行った福岡で店を見つけ、難なくレンズを手に入れたのだ。白のメガネフレームと、安いが薄型レンズでしめて3650円!
これがなかなかイケている・・・。と本人は思っているのだが、いかがだろうか?

さて、赤いホッペをなくしたくまモンとどこでつながるかというと、ここなのだ。私もメガネを外しているだけで、違って見えるのだ。くまモンと同じだ。しかも、外しているのならばまだよいのだが、メガネの形状や色デザインが違うだけで、イメージが変わる。そうなのだ。
洋服感覚でメガネを着替えるためには、安いものを沢山所持していたほうが便利なわけで、私はこの方法を利用している。メガネを変えるだけで気分も変わるようなきがするのだ。ちなみに、「ねね、メガネ買い換えた?」の質問からはしばらく逃れられないのだが・・・。

Vol.717

先日、熊本のゆるキャラ全国的いや世界的に人気者になりつつある『くまモン』がトレードマークの赤いほっぺを紛失したことが話題となった。結局は見つかったのだが、それは「熊本の赤いもんうまかもん」だった。ご存じない方のために、YouTubeのリンクを張っておこう。http://bit.ly/Hxrkk9 ここから、事の次第を御覧いただける。このVIDEOの中で、くまモンの生みの親「小山薫堂氏」はこう語った。「赤いホッペのないくまモンは、ただのくまさんでしょう、思想のないソクラテスみたいなものですね」と・・・。

私は、メガネをかけている。近視なのだ。いやもちろん老眼も入ってきているが、今のところ老眼鏡でも遠近両用でもなく近視用のメガネをかけている。私がメガネを掛けるようになったのは、中学2年の頃だったと思う。「なんだか猫のお医者さん(つまり獣医さんである)」のようだと揶揄されながらも、見えなくなったもの仕方がない、学ランにシルバー縁のメガネをかけることとなった。それ以来私とメガネは一心同体いつも私のそばにはメガネがあった。当然のごとく学生の頃は持って2つで、そのメガネを交互にかけていたわけだが、メガネが顔の一部つまりは私の一部となってからは、メガネが少し違うだけで「なんだかイメージが違う」と思われることとなる。当時メガネは大変高価なもので、2つ持つようになったのは大学に進んでからではなかったかと思う。昨今、価格破壊?とやらでメガネもずいぶん安くなり、いくつも持てるようになった。

おっとこれ以上は、長くなりすぎる。このつづきはまた次回のこのページでお目にかけよう。もしよろしければ、くまモンの赤いホッペ紛失事件の全容をYouTubeでご覧いただくと、次回尚、楽しんで読んでいただけると思う。では続きは、次回のこのページで!