Vol.707

ネット上での若者のご乱交が問題になっている。従業員しか入れないここに入ったりあそこに寝そべったり。全く困ったものである。問題が報道されるたびに更に煽られたかのようにその数は増えていく。店が悪いわけではないが店が謝罪する。まあそうでもしないと一般の人達は納得しないのだろうし、店側の管理責任みたいなものが問われるのだろう。
しかし、ご乱交の若者たちは異口同音に「軽い気持ちだったとか、(つまり若者特有のその時のノリである)そんなに拡散されるとは思わなかった」とか、ネット上にあげて世間が騒ぎ始めて、改めて事の重大さに気がついたようなコメントをする。

ダメなんだよ!ネットに上げるってことは拡散してしまうということなんだよ。自由な発言の場であるはずのネットなのだから、今まで(ネットがなかった頃)よりも遥かに、一個人の意見を広く数多(あまた)に堂々と発言し、沢山の人達に見てもらえる本当に幸せなツールであるはずなのに・・・。誰にも見向きもしてもらえない発言や写真そして動画といったものが、ある程度きちんとした形で、個人が発信するよりも遥かにしっかり、より沢山の人達のもとへ確実に届けられるようになったのに・・。

 

発言の場や発表の場を持たない人たちにとっては、上のような存在であるネットが、一部の不届き者の行動によって、もしかしたら奪われてしまう自体になってしまうかもしれないのだ。一個人は自分の周りに存在する人だけでは、理解も同意も得られなかったことが、ネットに投稿することによって、様々な人の目に触れ、意を同じくしている人たちに同意してもらったり、励ましてもらったりと今までは体験できないような体験ができるはずなのに、この夢の様なツールにとどめを刺そうとしているのだ。勿論自由な世界は諸刃の剣的なものがあるが、そこはそれを利用するユーザー一人一人の暗黙の了解のもとに、これまでは成り立っていたのだ。

嫌いならば見なければいい、嫌ならば相手にしなければいい。このPTV-Rのウェブサイトだって、好きでいてくれるみなさんが支えてくださっているに他ならない。せっかく手に入れた自由な発言の場を、こんなつまらないことで失ってしまうのは、本当に惜しいのである。この魔法のツールを使う一人ひとりがそれをしっかり認識して、様々な意見を正当に交換できる場であってほしいと切に願う、今日このごろなのである。かっこ良さも履き違えれば、自分自身を葬ってしまうことになりかねないのだから・・・。

Vol.706

夏休みも残すところあと10日。あれだけ楽しみにしていた夏休みも過ぎてしまえばあっという間だ。子どもたちは宿題は終わっただろうか?我が家の子ども達はまだまだのようである。フエイスブックやTwitterを見ていると、もうすでに宿題を終わった子どもたちの話題が書き込まれているのに時々出くわす。
みなさんの夏の課題はクリアできただろうか?「えぇっ?そんなの大人になってからはないよ」って方もおいでだろう。
しかしこの夏は、イベントに出かけるとか、コンサートに出かけるとか、子どもと遊ぶとか、ベランダを緑化するとか、家のリメイクをするとか、ゆっくりホールでパチンコ・スロットを楽しむとか、そんな夏の課題。クリアできただろうか?

私は一年ぶりに日帰りで妻の実家に里帰りをした。日帰りでと言っても朝はラジオの番組があるので番組ご出発ってことになるが、その日は番組の後も仕事があって、それ終わりでの出発ってことになった。毎度紹介しているが妻の実家は島原なので、熊本港からフェリーで対岸の島原まで渡る。毎年お盆の時期はどのフェリーもかなりの混雑で、車ではなかなか乗れない。

2便~3便待ちというのも日にちと時間によっては当たり前だったりする。これに泣かされた方も多いと思う。仕事終わりでフェリーの出航時間ギリギリに到着するのはわかっていたので、車を港において歩きで乗ることにした。これが結構プチ旅みたいで楽しいものなのだ。昼前に島原に到着した後、全員で会食。で、必須のアクションは2つ。
お墓参りと病院の訪問。時間的には午後から十分な感じだ。みんなで食事をしちょっと休憩。その間に私は恒例の近所のホールにぶらり出かけ、2時間ほどホールの海と戯れ、ちゃっかりチャチャッと5連チャンをいただき、そのまま帰り、病院へ行きその後、墓参りに、墓参りから帰って近くの新しく出来たケーキ屋さんでスィーツを買い、みんなで食べ
あとは、実家でのんびりしたあと、フェリーの最終便で熊本に帰った。とても充実した盆帰りであった。

Vol.705

これまでに体験したいことのないような暑い毎日が続いているが、皆さんはいかがお過ごしだろうか?

我々が幼い頃に体験した暑さとは全く違う灼熱の暑さが日本列島を包み込み、農業をやってらっしゃる方や、外で仕事をされる方はさぞかし大変な思いをされている事かと思う。
この暑さ部屋の中にいても具合が悪くなる程で、高齢になるほど体調管理には十分な注意が必要なのである。
その時ホールという存在は大変ありがたい存在である。ちょうどお盆の帰省の時期でもあり、久しぶりに帰った故郷のなじみのホールで、ゆっくりと時間を過ごす方もいらっしゃるかと思う。
帰省して懐かしい友と会うのと同じように、なじみのホールというのは何だかほっとするものである。
どうか昔なじみのホールでゆっくりと楽しい時間を過ごしていただきたいと思う。

久しぶりに帰ってきてご覧になるこの番組はいかがだろうか?出演者が増えているとはいえ、メインMCの我々は変わらずにお届けしている。ホールも含めてたくさんのいい思い出を作って帰っていただきたいと思う。
次に皆さんが帰ってくる時にもこの番組が、変わらずに放送していることを願うものである。

Vol.704

今月曜日の18時現在も外では、雨と稲光り。我が社はマンションの9階にあるので景色がすごく良いのだが、今はその会社窓から雨に煙った街が見える。しかもいつもの半分くらいしか見通せない。ここ2日くらい、ゲリラ豪雨がかなり酷い。同時に落雷もである。大気の状態が非常に不安定になっているようで、雨も雷も半端ない。

DSC_1869今朝方も午前一時半位から二時半くらいまで、マンションの窓を閉め切っているにもかかわらず、ものすごい雷の音と雨の音で、眠れなかったくらいである。熊本県内各地で、記録的な豪雨になったり、落雷での被害があちこちであったりで、本当にここ数年、「今までに経験したことのない○○」を経験させられている。昔我々が幼かった頃の夏は、まだ情緒があった。

蚊取り線香の香りや、夕立のにおい、蝉時雨、どれも古き良き夏の情景を思い起こさせてくれるのだが、今のこの夏は、南国よりももっと激しくきつい夏のように思える。きっと誰もがそう感じているはずだ。いやしかし、今の子どもたちが大人になったとき、夏と言えばどんな情景が浮かんでくるのかと考えると、ちょっとぞっとする。

団扇、風鈴、花火、芋の葉っぱの朝露を集めて書いた習字、夕暮れの寂しげな薪のにおい、五右衛門風呂、汗をふきふき食べたスイカ・・・。今の子どもたちの、平成25年ごろの夏の記憶はいったいどんなものなのだろうか・・・。