Vol.695

熊本を含む九州北部が機能梅雨入りした。いよいよ今年も梅雨の季節がやってきたのだ。
あぁ~鬱陶しいヨォ~という声が聞こえてきそうだが、早速昨日は台風並みの風が吹き今日はもうどんよりした雲が、上空を覆っている。小さな雨粒が静かに降っている。この程度の雨であれば、情緒もあるのだが、昨年のような雨になると恐怖が頭をかすめる。
どうか今年は、去年のような雨が降らないあことを祈るばかりである。

毎年のようにこの時期は、適度に降ってくれれば・・・なんてことを書いているが、今年もやはり同じで、本当に適度に降って欲しいのだ。全く降らないと降らないで、ほんとうに困ったことになる。
日本には古来様々な雨の種類が存在する。

霖雨(りんう) 降ったり止んだりが,何日にもわたって続く雨
地雨(じあめ) しとしとと,何時間にもわたって降り続く雨
霧雨(きりさめ) 霧のように細かい雨。糠雨(ぬかあめ)とも
豪雨(ごうう) 激しく大量に降る雨のこと
篠突く雨(しのつくあめ) 激しく降る雨のこと
◎篠とは群生する細い竹のことで,雨の激しさを,篠を突きおろす状態にたとえた言葉
俄雨
(にわかあめ) 突然に降ってきて,すぐに止んでしまう雨
肘笠雨(ひじがさあめ) 俄雨のこと。笠をかぶる間がなく,
◎肘をかざして袖を笠のかわりしたことからできた言葉
驟雨
(しゅうう) ざあざあと激しく,短時間に降る雨
凍雨(とうう) 雨滴が凍ったまま降ってくる雨。
◎長くは続かず,やがて雨か雪になってしまいます。
梅雨
(つゆ,ばいう) 6月上旬から7月中旬にかけて降る地雨のこと
◎梅の実が熟すころに降るために「梅雨」と書きますが,この時期に黴(かび)が生えやすいので「黴 雨」と書くことも。
五月雨
(さみだれ) 旧暦の5月に降る地雨のことで,梅雨のこと
◎「五月(さつき)に水が垂れる」という意味
夕立
(ゆうだち) 夏の夕方に降る驟雨のこと。
◎白雨(はくう)ともいいます。発達した積乱雲による雨で,よく雷を伴う
氷雨
(ひさめ) 夏の初めに降る雹(ひょう)のこと。
◎発達した積乱雲によるもので,よく雷を伴う。
秋雨
(あきさめ) 9月初旬から10月初旬にかけて降る細い地雨のこと。
秋霖(しゅうりん)ともいい,梅雨の時期と似たような気圧配置に。
時雨(しぐれ) 秋の終わりから冬の初めに降る冷たい俄雨のこと。
◎日本海沿岸の地域でよく見られる。
春雨
(はるさめ) 春にしとしとと降る地雨のこと。春霖(しゅんりん)とも。
菜種梅雨(なたねづゆ) 3月から4月ごろに降る雨のこと。
卯の花腐し(うのはなくたし) 春雨と梅雨の中間ごろ,しとしとと降る地雨のこと。
◎「卯の花を腐らせる」という意味です。
虎が雨
(とらがあめ) 旧暦の5月28日に降る雨のこと。
◎この日は,曾我兄弟が討たれた日で,この日に降る雨は,兄の曽我十郎祐成の愛人である虎御 前が流す涙であると伝えられている。
薬降る
(くすりふる) 旧暦の5月5日に降る雨のこと。
◎この日は,薬日とよばれ,この日に降って竹の節にたまった雨水(神水という)には 薬効があると 伝えられている。
半夏雨
(はんげあめ) 7月2日ごろ,夏至から数えて11日目に降る雨のこと。
◎この日の雨は,大雨になるといわれています。
寒九の雨
(かんくのあめ) 1月13日ごろ,寒に入って9日目に降る雨のこと。
◎この日に雨が降ると豊作になるといわれている。

と、日本人の心の豊かさというか、情緒が見えてくる。
さあ梅雨のこの時期、今日はどんな雨なのかぼんやり考えてみるのもいい。

Vol.694

先週末の雨が嘘のように、天気は好天に向かった。運動会や体育大会が予定されてい
たところは、中止になるところ、お昼までに切り上げるところや、トラック競技以外はすべて別日に移動なんてところもあったようだ。まあ何れにしても、お子さんが最後の運動会や体育大会だった親御さんは気がきではなかったと思う。
ところが昨日からのあの暑さ、折角ならばやはり日曜日は晴天のもと想い出を作らせ
てあげたかったと思うのだ。

運動会で楽しみなのは家族がみんな集まってのお昼である。いつもはなかなか集まれ
ない家族が、みんなで集まってのワイワイガヤガヤの昼食、お母さんの手作りのお弁当。特別なものでなくとも嬉しかった。それはみんなで食べるからでお兄ちゃんやお姉ちゃん、おじいちゃんやおばあちゃんが一緒の小さなそのスペースは、なんだか暖かくてくすぐったくて友達が呼びに来ると自慢げにおやつを見せて後ろ髪を引かれるおもいで、運動場にかけ出した。

親になって考えてみると、この運動会ってやつは、我が子の成長を確認する幸せな時間になっていたのである。成長するごとに、親が来るのは気恥ずかしくなり、手作りのお弁当ではなくなっていくのだが、これはやはり貴重な経験なのである。親御さんが忙しくて来れないとこの子は、友だちの家にお呼ばれになったものだ。そんなつながりがいつの間にか無くなって寂しいと思っているのは私だけではなかろう・・・。

Vol.693

ゴールデンウィーク終わりあたりから好転に恵まれまるで夏のような暑い日が続いている。気温も30度に届くくらいの真夏日と夏日を行ったり来たりといった感じだが、皆さんは体調はいかがだろうか?
夏でもないのに今年は熱中症の注意喚起がなされるくらいで、全国的にもこの時期の最高気温を更新するところも多い。「記録的な・・・」という言葉が、いつも付きまとう日本なのだ。体調管理に十分気をつけなければならない。
さてそんな暑い中、所用で熊本駅まで出かけた。これまでだと何処かへ出張するときに利用していたのだが、最近は、それ以外に食事や買物打ち合わせの場所としても活用できるようになってきた。もちろん九州新幹線の開通で整備されたことが、その大きな要因なのであるが、駅前の開発が進んでいることも一助になっていると思う。

もう少し開発が進むと、他の都市がそうであるように駅に人が集まるようになると思うのだがいかがだろうか?電車にのる以外の目的で駅を利用できるように様々な施設が集約されれば、もっと面白くなりそうな気がする。駅ビルとまでは行かなくとも、人がとどまることができる何かがあれば、もっと活性化するに違いない。
番組をお届けしているKAB熊本朝日放送も駅周辺西区の二本木にある。駅周辺にイメージが大分変わってきている今だからこそ、新しいイメージをアピールしたほうが熊本のさらなる発展につながる気がする。

Vol.692

年のゴールデンウィークも終わった。

日のつながりは悪かったとはいえ、近年にない素晴らしい好天に恵まれたゴールデンウィークだった。このゴールデンウィークに出かけた方にとっては本当にとてもいいゴールデンウィークだったことだろう。さあ、あとはしばらく連休はないってことになる。休みが続くとどうも現実社会に引き戻されるとき結構な苦痛が生じるもので、明日から仕事って休日の終わりがけにはとても憂鬱になる。
所謂「サザエさん症候群」である。


憂鬱になるくらいだったらまだ軽傷でこれがひどくなると体調が本当に悪くなったりするのだ。
しかもこのゴールデンウィークの長い休みで五月病なるやっかいな状態になったりする。みなさんは大丈夫だろうか?

あまり根を詰めて仕事をするのも良くない。こんな時は上手に息抜きすることがとても大切なのだ。
仕事を終えたあと時間があれば、ホールでの息抜きというのはとても有効であろう。ゴールデンウィークが終わったあとは次の休暇が取れるまでの間は少しづつ、息抜きをしながら仕事をすることが精神的にも有効ではなかろうか?

上手に息抜きしながら仕事をしっかりこなしていける。これが私の理想なのである。

Vol.691

早いものでもう4月も終わり。年をとると時間の経過がほんとうに早い。
新しい事務所に引っ越してからもう2ヶ月が過ぎた。着々と使い勝手のいいスタジオになりつつある。これまで引越ししてきたどの事務所よりコンパクトで稼働率、使いやすさにこだわったものができたと自負している。なかなか思うように進まない引越し計画だったがここに今立っていると、思い切って行動したことが良かったと、つくづく思うのだ。

人は何かに迷うときプラスとマイナスを考える。その結果断念してしまうことが多いと思うが、工夫をすれば、マイナスの方が多いのをプラスに転じることも出来るのだと、実感した。これからこのオフィスから生み出すすべてが、さらに日々を楽しくしてくれると確信している。

さてパチプレTV-Rは今年も、鯱リーグがスタートした。今年は私のたっての希望で岩清水◎と組ませてもらった。どんな展開になるのか今から楽しみなのだが、これまでMCである我々二人一緒に県外取材に出たことがあまりなく、名古屋は初なのである。もちろん私は数回名古屋に行かせてもらっているが、岩清水◎は初めてそして、一緒にいけるとしたらそれも初めてのこととなる。MC二人の名古屋ロケ想像しただけでワクワクする。どうか私の願いを神よ叶え給え・・・。