Vol.678

早いもので、もう2月である。毎年のことだが歳を重ねる毎に時間が加速してゆく。
もう少し歳を重ねたら、きっと加速も止まりやがて減速してゆくのだろう。
若い時は時間が経つのがものすごく遅く感じられ、早く過ぎないかなと思っていたのだがなかなかうまく行かないものである。楽しい時間は早くすぎる、辛い時間は長く感じるというが、それとはまた違うのだろうか?ホールで遊ばせてもらう時間は、早く感じる。時計を見るともう何時間も過ぎたんだと思うことも結構ある。たとえ、嵌っていたとしても、時間は早くすぎる。そりゃやっぱり楽しいことだから?うううううん・・・。むずかしい。休日までの道のりは長いのに休日はあっという間に過ぎる。とにかく、充実してるのか?毎日が・・。いや、そうでもないのか?

年をとったせいで時間というものを愛おしく思うようになったのか・・・。いや深く考えるのはよそう。楽しい時間を、充実した時間を過ごしていると考えることにしよう。その方が何事も明るく見える。暗い場所を歩くよりも、少しでも明るいところを歩いたほうが、何かと楽しいはずだ。きっと2月もあっという間に過ぎて、すぐに3月にそして新しい年度に突入するのだ。出来ればその間に様々やっている番組のプロデューサーに「圭さん、ちょっといいですか?」って呼ばれないようにしたい。

そうだ!この時期はなるべくプロデューサーと目を合わせないようにしよう。そうすると、悲しい話も聞かなくて済む・・・。って子どもみたいなことを考える五十代のオヤジである。そういえば、今日交差点で道を譲った歩行者の方が、車の中を覗きこんでなにやら手で四角い形を作り私に向かって微笑みかける。

何かあるのかと、窓をあけると「パチンコの番組に出てらっしゃる方でしょ?」(はいそうです。私が奥田圭といいます。出来ましたら名前を覚えていただくと嬉しいです)という言葉を飲み込み、「ハイそうです!」と応えると「いつも見てます!」って、ありがとうございます!皆さんがいてくれるので私は今日も生きていけるんです。これからもどうぞよろしくお願いします!!

Vol.677

先日女性のためのキャリアアップセミナーの様なものに妻と共に招待をいただき出かけた。
夫婦でこういったものに出かけるのは、妻と共に初めての経験である。
会場はブライダルコーディネート会社の事務所。実にキレイでオシャレな事務所だった。

毎回いろんなことをやっているらしいのだが、今回は九星気学の先生によるセミナーと今年の星回り運気みたいなものをざっくりと話してくださるものだった。
私自身占いとかはあまり好んでやってもらうタイプではない。というのもやはり怖いのだ。
しかしこの九星気学だけは、以前やっていた番組でコーナーがあったために比較的免疫が出来ていた。
それにまあ、個人的にどうのこうのって言うのは無かろうとたかをくくっていたのだ。

会場に入ったら女性のためのであるから、女性ばかりで九星気学の先生も女性の方で「ぎょっ!」としたが、まあ妻がいるので私は他人事のように話を聞いていたのだが、九星なので九つの星すべてについて、今年はどんな年なのか解説をしてくださる訳だ。先生から奥田さんとこのお二人は生年月日は?言われ「どきっ!」としたが既にまな板の上の鯉である。
幸いなことに我々夫婦は今年は互いに結構いい年の様で、驚くようなことは無かった。
しかも二人のバランスもいいということで、ほっと胸を撫で下ろした。

やはり何か悪いことがあったらどうしよう?なんて言うのは必ず心のどこかにある。
九星気学の占い?の通り今年がいい年になってくれることを望むばかりである。

Vol.676

昨日は成人の日だった。各地で成人式が行われたようであるが、成人を迎えられた皆さんに心からお祝いを申し上げたい。私が思うに、大人というのは自分自身を律することが出来る懐の深い人物のことである。自分がそうなり得ているかというと、図体だけでかくなりやがってのパターンであることは全く否めない。

例えば、年末年始のお話は先日した通り好調であったのだが、その後がよろしくない。よろしくないの連続だ。これも先週お話しした通りである。どうも私は調子に乗りやすい性格の様で、困ったものである。正月が明けて比較的ゆっくりした時間を過ごせたので、必然調子の良かったホール探索に出かけたのだ。

で、前回お話ししたように、こっぴどくやられたのである。それでも時間が少しあるとまた出かける。しかも近場ですまそうとする。これもまたよくない。実は3日の日に予期せぬ大勝ちをしたときに、貯玉もしていたのだ。
私の友人に、貯玉を繰り返している人がいてその人はいっさい手に持っている現金を使わず、大勝ちしたときの玉を貯玉して上手に遊んでいられることを聴き、私も見習いたいと思ったのだ。確かにそうだ。
予期せぬ大勝ちというのは、予期せぬことであるから、元々無かったものとして貯玉をするというのは、至極理にかなったことであると思う。これを使って上手に遊ぶことができれば、その貯玉の範囲内で繰り返し楽しめる。
貯まってゆけば交換を少しずつしながら、上手に付き合っていく。大人の男だと思った自分を律すという部分もお手本にしたい方なのだ。
(まあ、そんなところからしか大人だと感じぬことは残念なことだが・・・だってその方は、ほかにもとても大人だと思えるところや瞬間は沢山あるのだが、そ、そんなところでって感じで、深くうなずいてしまう自分が悲しい。)

だから、その貯玉を持ってそのホールに足を運べばよいのだ。勝ち負けは別にして・・・。どうしても、打ちたいという願望の方が勝ってしまい、近場に出かけてしまう私がいるのだ。

今年成人を迎えた皆さんはそのようなことが無きように本当の意味での「大人」を目指していただきたい。くれぐれも、私のような人物を見習わないように・・・。健闘を祈る!

Vol.675

2013年の幕開けも「ぱちんこ ウルトラマンタロウ」で楽しませてもらった。そう先日いや去年の私のホールでの勇姿をこのページでご覧になった方は、(まあ、私自身は写ってはいないのであるが・・・)年をまたいでもまだ調子が上向きだというのを信じられない思いで読んで頂いていると思うが、年をまたいでも信じられない状況が続いていた。2日の日荒尾の出張の帰りにホールに立ち寄った。軽い気持ちで打ち始めたが、ウルトラマンタロウはなかなか勝ってくれない。

5時くらいにホールに入ったが、8時を回っても一向に当たらない。そこで台移動をして打ち始めると30分くらいでやっとあたったのだが、これが終わらない。ずっと当たり続けるのだ。結局閉店まで当たり続け「ウルトラバトルモード」のまま、結局翌日時間が取れそうだったので持ち越すことにして終了。負けを解消しプラスになった。

翌日また朝の仕事を終え、ホールに向かった。もちろん当たるという確証もないので、バトルモードが終わったら帰るつもりだった。持越した台に座ると1K投入すぐに当たり、13連チャン打ってるこちらも驚いた!年末年始にうまいこと勝たしていただいたが、まあ人生とはよく出来ているもので、そううまく行く事ばかりではない。その週末再びホールに出かけたが、今度はすっかり持っていかれた。いやはやあんなに当たり続ける台が今度は全くといっていいほど当たらずに終了。過ぎたるは及ばざるごとしである。今年はこの言葉をしっかり胸に歩いて行きたい・・・・。って、いっつも同じ事の繰り返しのような・・・。懲りない奴なのである。

Vol.674

今年は初めて、新春最初の番組の放送はお休みだ。したがって本年第一回の放送は次週ということになる。ご期待ください!
さあ、新年のこのページ新年早々四の五の言うのはよそう。
では、今年最初のおめでたい画像ををお届けしよう!

   
   

今年もみなさんにとって、実り多き一年でありますよう!

   
   

本年もPTVーRをよろしくお願いいたします。