Vol.656

暑かった今年の夏休みも、終わりを告げようとしている。

今年は、暑さもさることながら雨がすごかった。去年はゲリラ豪雨という言葉が頻繁に聞かれたが、今年はそんなものではなく「今まで経験したことのない大雨」という文言であった。

これは気象台が、短文で災害への危機感を喚起する「記録的な大雨に関する気象情報」を6月下旬に運用開始したもので記録的な災害の危険性がリアルタイムで高まっている場合には一目で分かる「短文」形式でも発表するようにしたもので、まさにその通りに我々はこの夏これまでに経験したことのないような、短時間に降る大量の雨を経験した。

被災地は少しずつ復興の道を歩いているが、まだまだ時間がかかりそうである。阿蘇の被災地は、復興が進んでいるところも多い。是非皆さんが阿蘇に出かけていくことで、復興を後押ししていただければと思う。

さて今年は、台風の当たり年だというのもこのブログで書いたと思うが、現在台風15号(ボラヴェン)の被害が心配されているが、番組をお届けしているこの時間も、十分な警戒が必要である。無用な外出は避けた方が賢明である。

そしてこれもまた特筆すべき点なのが、一旦離れて行ったと思われた台風14号(テンビン)がUターンをして、日本列島に近づいてきている。もしかしたら、名前が「テンビン」なだけに、行き先をテンビンにかけて戻ってきたのだろうか?

いやいや、調子に乗ってしまった・・・。どうぞ皆さん残りの夏十分お気をつけいただき、お過ごしいただきたい。

秋はすぐそこにやって来ている。

Vol.655

8月ももう終わりを告げようとしている。まだまだ暑い日は続くようだが、朝夕はずいぶん涼しくなってきたような気がする。しかし天気予報によると、30℃を超える日がまだ続くらしい。しかも日本のはるか南の海上には台風14号と15号がダブルで発生している。

日本列島上陸ってことはないらしいが、そのせいもあってあつい日が続くらしい。
皆さんもくれぐれも暑さにはご注意を!さて先日は、引きの強さを改めて皆さんに伝えたと思うが、そんなこと意外はからっきしだめである。もっと建設的なものの引きがあれば私も、うれしいのだが・・・。
世の中そんなに甘くはないのだ。まあしかし、こんなに一つの番組を長くやらせていただき、たくさんの皆さんに見ていただけているだけで、「良し」としなければいけないのかもしれない。

熊本のみならず、全国の皆さんに見ていただいている訳で、幸せ者だと思う。皆さんに感謝である!番組が10年続いたときくらいから、この番組はいったいどのくらい僕らMCと歳を重ねていけるのかなって?って考えるようになった。果たして、私が三十代後半から始めた番組は、何歳まで続くのか本当に楽しみなのである。
MC陣も変わらずに・・・。ちなみにこの番組から巣立っていったDR(ディレクター)達も結構いるのだ。DR陣だけでももう3回転くらいしたのではなかろうか?時間(とき)の流れは、本当にすごいと思うし、怖くもあるのだ!それでもこれまで通りの出演者で、そしてスタッフで番組を続けていきたいと思うのは、今のスタッフが素晴らしいからに他ならない。

たいてい番組のスタッフというのは、どこかでギクシャクしている部分があって、この番組に至っては早くから対応しているWebスタッフまでもが、本当にこの番組を好きで支えてくれているのだから、感激なのだ。この素晴らしいスタッフの支えがあってこそ、我々MC陣は本人の力の何倍も面白くしてもらえているのだと、正直思うのだ。これからもみなさんに喜んでいただける番組作りに全力を傾けるつもりだ。どうか皆さんにおいても、視聴者参加並びにハガキ・メールなどでどしどし番組に参加していただきたい!

Vol.654

昨夜から所々で、激しい雨に見舞われた日本列島。
滋賀や大阪・京都の方でもかなりの雨が降り、被害も出ている。
もう今年は雨はしばらくお休みしてほしいと思う。

さて、昨日からお盆休み、いや先週の土曜日からお盆休みという方も多いだろう。
早いところでは、もうUターンラッシュが始まっているようだが、お盆の14日皆さんは如何お過ごしだろうか?例にもれず、我が家も家族が島原の実家に里帰りをしている。
私はというと、朝の番組があるのでひとり留守番なのである。

昼過ぎに熊本港まで家族を送り、仕事を続けながら考えた。そういえば食事をしていない。時間も中途半端で、どこに食べに行こうか?いろいろ考えた末に、近所のちゃんぽん屋さんに行くことにした。
私はよく引きが強いといわれるが、ここでも引きの強さを我ながら実感した。
近所のちゃんぽん屋は、最近ハワイにも支店を出した大手チェーン店で、名の知れた店である。一時期かなり味を落としてお客さんもめっきり減っていたが、ここ数年で、経営改革を行いまあ見事なまでに立ち直った店である。ま、そんなことはいいとして、その店で引きの強さを実感したのだ。

ただ駐車場には赤い車が一台。
外から店内をのぞくと、夕方の早い時間ということもあって、貸し切りって感じであった。もしかしたら、赤い車はお店のスタッフのものかもしれない。そう思いながら店の中へ。入ったら外から見えないところに、何だかリゾート地からの帰りのような派手なワンピースを着た女性が一人。こんな日に一人でかわいそうだなぁ~~と思いながら、横を通り過ぎて店の奥へ行こうとしたら、どうも見たことのあるやつなのだ。店内は今入ってきた私と、その女性だけ。

「まずい!」と思ったが、こんなときに声をかけないと後でややこしい事になる。

その女性は、私に気づくこともなく一心不乱に麺をすすっている。余程おなかがすいているか、いつもこうなのか・・・。リゾート帰りのような格好なのに哀れな感じである。

仕方がないので、意を決して声をかけてみると、彼女は対峙しているちゃんぽん丼から顔を上げた。

番組でお馴染み「中村久美」である。

彼女は、「あぁ~どうしたんですか?ひとりですか?どうぞ~」と

自分のテーブルに案内する。これまた仕方がないので、広い店内おひとり様同士で、ちゃんぽんディナーと相成った。あぁ、しばらくはこの店には行きたくない・・・。

引きが強いのも、時と場所と人を選んでほしいと思った私であった。

Vol.653

暑い日が連日続いている。来週も更に暑い日が続くそうだ。この夏になって熱中症で倒れる人が続出している。暦の上では立秋だが、まだまだ暑さは続きそうだ。つまりまだまだ暑さ対策が必要だということだ。特に注意が必要なのは物事に熱中しているときだ。水を飲むことも忘れてしまう位に何かに熱中している時が一番危ない。熱くなっているから身体に熱がこもる。夏が逃げられないから更に熱が上がる。悪循環である。どうかくれぐれもご注意を!

ロンドンオリンピックも開催されていて、毎日寝不足って方も多いだろう!熊本県勢の活躍も更にそれに拍車をかけている。今回のオリンピックは、本当に若い世代が頑張ってくれている。諦めないということを我々に教えてくれているようだと思った方も多いと思う。あのロンドンの競技の場に立つために、何年もかけて準備を進めてきたアスリートたちの努力の結晶があの場所に立たせてくれているのだ。結果を出せた者も出せなかった者も、血の滲むような努力と、成し遂げた者しか味わうことが出来ない様々な感情を味わってからこそあの場所に立っているに違いないと思う。世界と戦うということは本当に大変なのだ。日本中の期待を背負うのも本当に大変なのである。それにしてもこのオリンピックの日本はすごいと思う!

さあ、番組の鯱リーグも盛り上がってきている。皆さんのポポ6にご参加いただき、楽しんで頂ければと思っている。

Vol.652

いやぁ、早いものでもう八月だ。
年をとるのが早いはずである。

一年なんて、本当にあっと言う間に過ぎてゆく。若い頃は、時間も沢山あるので、いつまでたっても時間が過ぎない様に感じたが、残り時間が少なくなると、必然過ぎてゆく時間が愛おしく感じて、あたかもあっと言う間に過ぎてゆく感じになるのだ。
もしかしたら、若い時に無駄に時間を使ってきたのかも…なんて考えたりするほどだ。同じ様に失うモノが何もなかった頃は怖いモノ無しで、どこにでもぶつかっていけたのが、年を重ねて行くと少しばかりの宝物を大切にしたくて、ぶつかって行けなくなる。

まあ、それでもこんな仕事をしている関係上、同じ位の年の人達からみると、相当落ち着きのない座りの悪い、チョイワルなのだろう。少しでも周りの人達に見劣りのないような、オトナに成りたいと思ってはいるのだが、これがまた、ナカナカ難しい。番組を始まて14年、それなりに経験は積んできた。ただ、当たり前のオトナとしての経験を積んで来たのかは、怪しい限りである。さあ残り時間が少なくなった私は、これからこの時間をどう使って行くのだろうか?