Vol.643

写真と本文は関係ありません

暑い毎日が続いている。
こんな日は空調完備のホールでのんびりって感じがいいのだが、日々のスケジュールを考えるとそうもいかない。鯱リーグ2012はかなり好評をいただいているようで、毎回POPO6にも沢山のご応募、感謝である。 

 

さて最近の天候は大気の状態が不安定で、雹が降ったり竜巻が発生したる、落雷やゲリラ豪雨が発生したりで、本当に今までにない過酷な気候変動を体験している。今日も落雷による被害があちこちから報告されているのだ。この状態は関東から北日本でまだまだ続くようだ。みなさんも十分ご注意頂きたい。

 もうスグ梅雨だね。

さて熊本はというと、今のところ天気はよく真夏日が続いているが、九州南部がこの週末にも梅雨入りかといわれている。熊本は九州北部にあたるので、もう少し後の梅雨入りとなるのであろうが、それでもちょっと憂鬱になる。この雨を恵みの雨と考え上手に付き合わなければならない。ただ、ゲリラ豪雨や集中的な豪雨には皆さんも十分注意されお過ごしいただきたい。

この番組を楽しみにしていただき、POPOBIGに参加していただきながら、梅雨を乗り越えてほしい。

 

vol.642

熊本は今日とても好天に恵まれ、全国で一番暑い一日だった。車の中はさながら真夏の様相を呈していた。
あついといえば東京は、「東京スカイツリー」の開業で「スカイツリーフィーバー」が巻き起こり、周辺は20万人以上の人で賑わったようである。自立電波塔としては世界一の高さを持つ「東京スカイツリー」東京の新名所として下町のこれからの活性化に一役買ってくれるだろう。今回は混乱を避けるために、事前に売りだされた入場チケットを抽選でゲットした人だけが入場できるということもあって、混乱はしなかったようだが、残念ながらお天気には恵まれなかったようだ。

東京地方は雲におおわれて、時折降る雨と強い風で、日本一の高さからの絶景を楽しむには残念な天気だった。
そういえば、墨田区の小学生を招待しての事前見学会のようなときにも雨が降っていた気がする。これは少し可哀想でもう一度天気のいい日に彼らには見せて欲しいと願っている。

昨日は「金環日食」で、我々が住む熊本は部分日食が楽しめるはずだったのだが、これも天候の関係で残念な感じだった。「金環日食」の観測エリアの中央に位置する東京は曇ってはいたものの、見事な金環日食を見ることができたようだ。こんなことを考えていると、自然界のバランスみたいなものを考えたりする。世の中のバランスみたいなものを考えたこの一週間だった。

みなさん、収支のバランスは撮れていますか?

vol.641

最近の日本のニュースを見ていると、毎日同じ事故や事件が発生している感がある。

みなさんはそうお思いにならないだろうか?ゴールデンウィーク中に起こったあの事故。ツアーバスの事故である。安心して利用する多勢のこの国の老若男女の 驚愕の事故・事件だった。他の公共の交通機関よりも格安の料金で運行されるこのバスは、安全が担保されている筈だった。それがあの事故である。誰もがにわ かに信じられない光景が、テレビのニュース映像で映し出された。そして、それに類似した事故が相次いだ。そして、京都の軽自動車の暴走。これもまた類似し た事故が・・・。

どうしてこうなるのだろう・・・。理解に苦しむ・・・。もう二度と起こって欲しくないことが、堰を切ったようにというかなんというか、みんなが分かってい るはずなのだが、類似した事件・事故が頻発する。疑問である。我々一人一人が、今だからこそ考えなければいけない事が、今の世の中には多すぎる。誰もが大 過なく人生の終焉を迎えることができることを切望しているのだが、なかなかそうも行かない。だからこそ今この時期に、この時代にもっと考えるべきことがた くさんあるような気がしてならない。

vol.640

やっとゴールデンウィークも終わりホッとしている方も多いと思う。ゴールデンウィークの期間中も今年の日本列島はさまざまな出来事があった。

出来事というよりは、事件や事故だ。まったく笑顔ではいられないようなそんな日々だった。そして締めくくりは、あの竜巻である。日本ではほとんど発生しな いような竜巻が関東を襲った。大陸で発生することが多い竜巻がまさかあんな規模で我々が住む日本で起ころうとは信じられない出来事であった。我々がこれま でに経験したことのない、想像を絶するという災害や事故がここのところ頻発している。これは慢心している我々への警鐘なのか・・・。

いろんなことを考えるのである。ゴールデンウィークだからと言って、どこかに出かけられなくとも贅沢ができなくとも、家族がともに同じ時間を同じ場所で過 ごすことが出来ればそれ以上に幸せなことはないはずなのに・・・。ささやかな幸せも、奪い去られてしまうとは、全く腹立たしい限りである。

そんな私は、妻と二人でゴールデンウィークの後半、ほんの数時間、二人で①パチを楽しみ、近所のBARで2時間ほど過ごした。私にとってはかけがえのない楽しい時間だった。

色々ありました・・・

幸せなんk?某清水よ・・・