第643回 2012/11/20放送

CRF蒲田行進曲


©1982 松竹株式会社

階段落ちでお馴染み、昭和の人情コメディ映画「蒲田行進曲」がパチンコになって帰って来ました。この台は比較的高い年齢層がターゲットとなっており、小当りや潜伏のない遊び易い仕様が特徴です。

大当り後は100回転のSTに突入。確変のスタートとなる「池田屋襲撃モード ダッシュ」は業界初となる時間帯による大当り制御ゾーン。開始時に、60秒か240秒の継続秒数が決まり、その時間内に大当りできれば16Rでおよそ1520個の出玉を獲得できます。規定秒数消化後は、メインとなる「池田屋襲撃モード」へ移行します。スタート時のダッシュを含めると、確変のループ率はおよそ69.2%。ここで注目したいのは、左右に分かれている図柄変動。左はへそ入賞で、右が電チュー入賞での変動です。右側で大当りした場合は、全て16Rとなります。

<予告アクション>
「指連続予告」はお馴染みのフレーズが出現し、続けば続くほどチャンス。「電車予告」は、ボタン連打で電車が進み「激アツ」まで到達すれば信頼度大幅アップとなる演出です。また、4大激熱予告のひとつ「銀ギミック」が落下すれば、大当りの期待度が大幅アップするようです。

<リーチアクション>
リーチは「アニメ系」→「スーパーリーチ」→「スーパーストロングリーチ」→「超・スーパーストロングスペシャルリーチ」の順に期待度がアップしていきます。なかでも「超・スーパーストロングスペシャルリーチ」のひとつ「炎の階段落ちリーチ」は、名シーンを実写で楽しめ、全回転を除き最も信頼度の高いリーチとなります。

「CRフィーバー蒲田行進曲」は既に導入が始まっています。昭和の名作をぜひもう一度。

(担当:竹原D)

スペック (管理人某調べ)
タイプ S
大当り確率 1/256.0
賞球数 3&3&10&12
ラウンド数 5R9カウント又は16R9カウント
確変突入率 100%(ST100)
出玉数 約475個又は約1520個
時短 大当り終了後100回転の時短付き
備考
大当り図柄

大当り図柄
image