第782回 2016/09/20放送

CR魔法少女リリカルなのは


©(P)KING RECORD CO.,LTD. (C)NANOHA The MOVIE 1st PROJECT (C)NANOHA The MOVIE 2nd A’s PROJECT (P)KING RECORD CO.,LTD (C)NANOHA The MOVIE 1st PROJECT (C)NANOHA The MOVIE 2nd A’s PROJECT

熱狂的ファンに支持された「魔法バトルアクションアニメ」がパチンコとなって登場です。スペックは、大当り確率319.6分の1のミドル確変タイプ。3と7の確変図柄で当たれば、次回大当りまで確変が続きます。通常からの大当りは15Rの振り分けが20%ですが、ひとたび確変に入れて右打ちに入ると、そのパーセンテージは61%に跳ね上がります。なお、わずかながら、確変潜伏の振り分けもあります。

<激闘ボーナスと魔法戦闘モード>
3と7以外の図柄で当たった場合の大当りは、激闘ボーナスとなりますが、激闘ボーナス失敗後に突入するサーチモードに確変潜伏のチャンスが残されています。ただしサーチモード中は電サポがないので、確変か否かは早めに見極めたいところです。
3と7での大当り、または激闘ボーナス勝利後は、確変右打ちの「魔法戦闘モード」へ。「なのは」と「フェイト」の2種類が選択でき、異なるバトル展開を楽しめます。ここで、注意したいポイントがもうひとつ。先ほど、3と7の確変図柄で当たれば、次回大当りまで確変が続くといいましたが、確変から通常に落ちるときは、もれなく出玉なしの大当りで転落します。海などのオーソドックスな確変機と異なることを認識しておきましょう。

<予告アクション>
「アンノウン接近予告」はウインドウの色やキャラの種類で信頼度が変化します。
「闇の書ゾーン」は先読み演出のひとつ。「闇の書」がつくリーチアクションはどれも大チャンスとなっているのでこの演出も大注目です。「このあとすぐ予告」も出現すれば大チャンス。予告CMのような演出で発展先のリーチを告知します。そしてリーチ後、エクセリオンギミックが完成すればリーチの期待度がさらにアップします。

<リーチアクション>
VS系リーチでもっとも期待できるのは「なのは&フェイトVS闇の書の意思」。信頼度星4.5あります。他に当たれば確変が濃厚となる特殊リーチが存在し「エクセリオンチャンス」「アルティメットクラッシュ」「闇の書暴走リーチ」がそれに相当します。「CR魔法少女リリカルなのは」はすでに導入がはじまっていま~す。

(担当:竹原D)

スペック (管理人某調べ)
タイプ -
大当り確率 1/319.6
賞球数 4&2$3&5&15
ラウンド数 2R又は5R又6R又11R又は15R10カウント
確変突入率 約65%
出玉数 約750個~約2250個
時短 大当り終了後50回転又は75回転又は100回転の時短付
備考 -
大当り図柄

確変図柄
160920_riri1
チャンス図柄
160920_riri2