第671回 2013/08/06放送

CR呪怨


©(C)東映ビデオ株式会社/「呪怨」製作委員会/「呪怨2」製作委員会/株式会社CELL

日本を代表する最凶ホラー映画「呪怨」のタイアップ機がこの夏遂にパチンコで登場です。今週の新台情報は、藤商事から「CR呪怨」

ストーリーは、タイトルを読んで時のごとく、強い恨みを抱いて死んだ者の「呪」が本作のテーマです。リングの「貞子」と同じく、作中を盛り上げるのが「枷椰子」と「俊雄」です。この2人が登場する予告やリーチは、チャンスと考えてOKです。

スペックは、大当り確率390分1、確変突入率77%のオーソドックスなフルスペックタイプ。「呪」という原作の世界観を忠実に再現した演出は、プレイヤーを恐怖のどん底へ導いてくれるでしょう。

それでは、確変モードから見ていきましょう。
確変の「業深き刻」は突入率77%の確変モードです。
滞在中、3・7図柄の大当りは、確率継続が濃厚、それ以外の図柄は、ラウンド消化中に確率か否かのジャッジが行われます。

予告演出です。演出は、基本的に「リング」の流れを踏襲し、同じ予告や音が連続すればチャンス!もちろん、金系予告も大チャンスとなります。

役物予告も、本機の恐怖度を上げる演出の一つ…
特に、「伽倻子役物」が可動すれば、期待度大幅アップとなります。

リーチ演出です。リーチ発展時、タイトルの色に注目しましょう、金色ならチャンス、danger柄なら大チャンスです。ご覧の「キャラ系村田リーチ」は、あまり信頼度が高くないので大当りは期待できません。キャラ系リーチの中でも「俊雄」リーチに発展すればかなり期待ができます。

呪いのエピソード「伽椰子リーチ」は本機最強の信頼度を誇るリーチ演出です。最強リーチにふさわく、恐怖の映像と音を楽しむことができます。「伽椰子役物」も落下すれば、大当りを期待してもOKです。

既に導入が始まっていますので、是非この恐怖パチンコを体感して下さい。

(担当:松崎D)

スペック (管理人某調べ)
タイプ FPF
大当り確率 1/390
賞球数 3&3&10&15
ラウンド数 5R又は15R(実質10R)又は16R9カウント
確変突入率 約77%
出玉数 約670個又は約1350個又は約2020個
時短 大当り終了後30回転の時短付き
備考
大当り図柄

image