第703回 2014/06/03放送

CRヴァン・ヘルシングⅡ


©Van Helsing is a trademark and copyright of Universal Studios. Licensed by Universal Studios Licensing LLLP. All Rights Reserved.

独自のスペックで人気を博した、「ヴァンヘルシング」の後継機がまもなく登場します!
今回の新台情報は、藤商事から「CRヴァンヘルシングⅡ」

スペックは大当り確率、138分の1、前作との大きな違いが、「ハンティングラッシュ」が84回のST、同時に94.5%という、超高継続仕様に生まれ変わりました。スペック上は、遊パチ並みの大当り確率ですが、通常時からの「ハンティングラッシュ」の突入確率が低めに抑えられており、変則スペックといえます。

それでは、「ハンティングラッシュ」までの流れを見て行きましょう。
通常時からリーチに発展し、「運命の時」図柄が停止すると、バトルに発展します。
この時点で、ミッションボーナス獲得となり、バトルに勝利できれば、電サポ80回の「ドラキュラバトル」突入となります。

ドラキュラバトルは、80回の電サポが付きますが、STではありません。
大当り確率、138分の1、80回の時短、ここで大当りを獲得できれば「ハンティングラッシュ」突入が約束されます。この一連の流れが、「ハンティングラッシュ」突入の基本となります。

ハンティングラッシュに突入すると、継続率94、5%とかなりの高継続を期待できます。
STの回数で、演出が異なり、67回〜80回では、宿敵ドラキュラとのバトルへもちろん、バトル勝利で「ハンティングラッシュ」継続となります。

【予告アクション】
フックショットフィッシング予告は、様々なチャンス予告を示唆、書かれている文字に注目しましょう。
ジャッジメント連続予告は、センターにジャッジメント図柄が止まるとスタートします。
もちろん、続けば続くほどチャンスです。
センタークロスギミックが可動すれば、大当りへの道がぐっと近くなります。

【リーチ演出】
神の左、ヴァンヘルシングリーチは、よく見ることのできるリーチ演出の一つです。
あまり信頼度の高いリーチではないので、発展を期待しましょう。

センタークロスギッミク可動で発展するのが、ヘルシング覚醒リーチ、ヘルシングの真の姿「狼男」になり敵と闘います。もちろん高信頼度のリーチ演出なので大当りを期待してもOKです。

「最終決戦!トランシルバニア防衛戦!!リーチ」は、本機最強のリーチ演出です、仲間全員で、ドラキュラ軍団と死闘を繰り広げます。

CRヴァンヘルシングⅡ、既に導入が始まっています。

(担当:松崎D)

スペック (管理人某調べ)
タイプ FPV
大当り確率 1/138.847
賞球数 2&3&6&10&11
ラウンド数 2R又は3R又は5R又は6R又は12R又は16R
確変突入率 約4%(ST84)
出玉数 約231個~約1232個
時短 大当り終了後0回転又は80回転の時短付
備考 ハンティングラッシュ継続率94.5%
大当り図柄

image