第758回 2015/12/01放送

CRフィーバーアクエリオンEVOL


©SHOJI KAWAMORI, SATELIGHT/Project AQUARION EVOL

正統派の確変タイプであった初代のゲーム性を受け継いだアクエリオンの最新作「CRFアクエリオンEVOL」が登場です。アクエリオンEVOLは2005年に放送、2007年にパチンコ化された「創聖のアクエリオン」の続編。主人公はアマタという少年で、ヒロインはミコノです。
ゲームの中心になるのはやはり役物の合体で、合体がスーパーリーチの期待度を一気に高めてくれます。液晶の左右にはアクエリオンの手の役物があり、左右でじゃんけんを行う演出もあります。
スペックは2タイプ用意されていて大当り確率が319.7分の1、確変継続率が60%のType319と大当り確率が245.5分の1、確変継続率が51%のType245があります。いずれも確変図柄で当たれば、次回大当りが来るまで確変というシステムに原点回帰。通常図柄での大当りには100回の時短がついてきます。

<予告アクション>
アクエリオンといえばやはり、ずれ目から発展する擬似連。「気持ちいい連続予告」は、2人よりも3人のパターンがチャンスです。さらにこの演出の上位版でしょうか、激アツとなる「超気持ちいい連続予告」も搭載されているそうです。

<リーチアクション>
アクエリオンリーチは対戦相手が異なる4つのリーチがあります。この中では、主人公のライバルカグラとの戦いが最も期待できます。そしてアクエリオンリーチが発展するとEVOLリーチへ。
vsカグラの場合だと信頼度が4つ星へと格上げされます。
回転を除き、最も期待できるリーチがストーリーリーチのVSエンシェントです。ミコノの救出をかけた、アマタとミカゲとの一騎打ちが描かれます。
当たったあとの再抽選はおなじみ祈願拳。今回は一発逆転拳というブタンプッシュを使った再抽選もあるようです。
このような原点回帰を待っていた人も多いのではないでしょうか、CRFアクエリオンEVOLは、来週ホールデビューする予定です。

(担当:竹原D)

スペック (管理人某調べ)
タイプ Type319
大当り確率 1/319.7
賞球数 2&3&7&10&15
ラウンド数 2R又は16R7カウント
確変突入率 約60%
出玉数 約210個又は約1680個
時短 大当り終了後100回転の時短付
備考
大当り図柄
確変 151201_aq1
チャンス 151201_aq2