第715回 2014/09/16放送

CRモモキュンソード-星と黄金の太刀-


©キビダンゴプロジェクト

萌えパチで人気を博した、「モモキュンソード」が、今年パワーアップしてホールに帰ってきました!今週の新台情報は、西陣から「CRモモキュンソード-星と黄金の太刀」

ラインナップは、大当り確率381分の1のフルスペックと、およそ198分の1のライトミドルの2タイプ。今回は、遊びやすいライトミドルのMを紹介しました。
確変は、突入率100%のSTで回数は80回、継続率はおよそ76%となっています。
特徴は、出玉です。大当りの42%が16R!なんと!ヘソ・電チュウどちらからでもOKです!

【予告演出】
注目したいのは保留の数、通常時でも最大8個まで貯めることができます。
出陣ゾーンは、本機を代表するチャンス演出の一つです。
「極出陣ゾーン」に発展すれば、さらにチャンスとなります。
キュン連続予告は、あらゆるタイミングで突然発生します。もちろん、続けば続くほどチャンスです。
役物予告で特に目を引くのが、「五芒星フラッシュ」、巨大な星と桃パトランプが盤面を覆います。

【リーチ演出】
桃たん系リーチは、よく目にするリーチ演出の一つ、ただ信頼度が星一つなので発展を期待しましょう。
「ストーリー系リーチ」は、WEBライトノベル版の名場面をアニメで再現。
基本的に、リーチの最後にボタン演出は発生しないので、出現したら大チャンスです!

【確変システム】
ST、鬼ヶ島モードは、80回のSTで、継続率がおよそ76%、演出は、バトル系となっており、敵を倒せば大当りとなります。
「CRモモキュンソード-星と黄金の太刀-」既に導入が始まっています。

(担当:松崎D)

スペック (管理人某調べ)
タイプ M
大当り確率 1/198.59
賞球数 3&2&10&11
ラウンド数 2R又は6R又は16R8カウント
確変突入率 100%(ST80)
出玉数 約311個~約1246個
時短 -
備考 -
大当り図柄

image