第803回 2017/06/06放送

パチスロ 信長の野望-創造-


©コーエーテクモゲームス(C)コーエーテクモウェーブ

歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」が再びスロットになりました。この機種はARTのみで出玉を増やすタイプで、ART「創造の刻」は1Gあたりおよそ1.9枚増加。ARTのシステムは、兵力を消化したり、上乗せしたりしながら出玉を獲得する新たなゲーム性となっています。

<ARTへの道のり>
ART当選には、チャンスゾーンを経由することが多く、チャンスゾーンには「指令」「夢幻チャレンジ」「舞姫チャレンジ」といったものがあります。「夢幻チャレンジ」のART突入期待度はおよそ30%。「舞姫チャレンジ」だと期待度はおよそ80%になります。

<戦局創造システム>
この台には「戦局創造システム」が採用されています。リール右に創造ボードがあり、毎ゲームボード上の駒が動いていきます。リプレイ以外の小役を引くと宝玉GET。宝玉が一列に並ぶとチャンスでチャンスゾーンやART、上乗せ特化ゾーンの抽選が行われます。ライン数が多いほど有利な展開になります。

<創造の刻(ART)>
ARTの冒頭は、ART継続の鍵となる「兵力」を上乗せする「野望チャンス」から始まります。青7だった場合は、その上位バージョン「真野望チャンス」がスタート。いずれも押し順ベルが6回成立するまで継続し、レア小役は 兵力大量上乗せのチャンスとなります。ここで上乗せした兵力を持ってART「創造の刻」にのぞみます。ART中はリプレイで自軍兵士が減少、ベルで敵兵士を撃破、レア小役は自軍増強のチャンスとなります。継続ゲーム数は決まっておらず、自軍の兵士が「0」になるまで継続。兵士が「0」になる前に、敵兵士を全撃破できれば再び「野望チャンス」へと突入します。
戦国ゲームの楽しさをスロットに詰め込んだ「パチスロ信長の野望‐創造‐」は、ホール導入が始まっています。

(担当:竹原D)

スペック (管理人某調べ)