第719回 2014/10/28放送

パチスロカウボーイビバップ


©サンライズ

スタイリッシュな世界観で絶大な人気を誇るアニメ「カウボーイビバップ」とのタイアップ機がパチンコに続きスロットでも登場です。
この台は純増およそ2.5枚のAT「SPIKE RUSH」を出玉獲得のメインとしたAT機。
前兆ステージの「堕天使たちのバラッド」や、自力チャンスゾーンの「東風モード」からAT突入を狙うゲーム性となります。その足がかりとなるのが、全く新しいシステム「COMBO CHANCE」。
「COMBO CHANCE」は、その名の通りチャンス役がコンボするシステム。
チャンス役を引き「COMBO CHANCE」発動させれば、その次のゲームも必ずチャンス役が出現します。さらにそれ以降もチャンス役がコンボする可能性があり2から5連続でチャンス役が成立。
このチャンス役の頻発により、前兆ステージや自力チャンスゾーンを呼び込むことができると言う訳です。ちなみに「同系統の強チャンス役3連続」や「内容を問わずCOMBO CHANCE5回継続」といったパターンは、発生した時点でAT当選が約束されます。

<通常~ATの流れ>
前兆ステージの「堕天使たちのバラッド」に突入したらAT突入の期待度はおよそ50%。
ここまでたどり着けば2回に1回はATに当たると言えるでしょう。
STEPが進むほどAT期待度もアップ。STEP EXまで進めばかなりアツいでしょう。
最終的にビシャスとのバトルに発展し、勝利すればAT突入です。

自力チャンスゾーン「東風モード」はおよそ30%のAT期待度があります。
5ゲーム+α継続する前半パートとゲーム数不定のジャッジバトルが展開する後半パートにわかれます。バトル中はチャンス役の出現率が大幅にアップし、チャンス役を引くほど勝利期待度もアップします。

この他にも通常時からATに突入するパターンがあります。
そのひとつが、有名なイントロが流れてスタートする「TANK!ボーナス」。
こちらは通常時からのみ突入する可能性があるプレミアムボーナスで継続ゲーム数は20ゲーム。
この間はおよそ4分の1でCOMBO CHANCEが発動するのでチャンス役出現のたびに上乗せ発生が期待できます。また、上乗せが確定する7揃いの確率はおよそ7.5分の1となっています。

<スパイクラッシュ>
AT突入の冒頭にはATの初期ゲーム数を決定する「賞金首RUSH」が発生します。
ここではゲーム数とともに仲間ポイントが溜まります。
仲間ポイントは上乗せ特化ゾーン「仲間ラッシュ」突入の契機となるので見逃せないポイントです。
初期ゲーム数が決まったらAT「スパイクラッシュ」のはじまり。
1Gあたり純増2.5枚、AT中はG数上乗せた仲間ポイントの獲得抽選が行われます。
貯めたゲーム数を消化してしまったらAT終了となりますが、引き戻し抽選もあるのであきらめてはいけません。

<上乗せ特化ゾーン>
上乗せ特化ゾーンの「仲間ラッシュ」には、ジェット、フェイ、エドといった仲間のポイントがマックスになることで突入します。
STタイプのジェットラッシュ、倍々タイプのフェイラッシュ、押し順当てによる自力継続タイプのエドラッシュといったように
それぞれ異なる特徴を持つ上乗せ特化ゾーンが用意されています。
そして一度は入ってみたい特化ゾーンが「ターゲットコンボ」。
0G連上乗せの「ターゲットコンボ」は平均170Gの上乗せが期待できると言われその一撃性は目を見張る物があります。
新システム「COMBO CHANCE」を引っさげて登場する「パチスロ カウボーイビバップ」。
その魅力はぜひホールでお楽しみください。

(担当:竹原D)

スペック (管理人某調べ)
AT初当り確率 合成確率 出玉率
設定1 1/344.6  - 96.5%
設定2 1/327.4  - 97.9%
設定3 1/312.1  - 100.9%
設定4 1/262.3  - 106.3%
設定5 1/232.5  - 110.2%
設定6 1/200.2  - 115.3%