第699回 2014/05/06放送

パチスロサムライチャンプルー流転輪廻


©manglobe/下井草チャンプルーズ

大人気アニメのサムライチャンプルーが、斬新な機能をひっさげパチスロで登場!
今週の新台情報は、ニューギンから「パチスロ サムライチャンプルー流転輪廻」

本機は、ARTと擬似ボーナスを搭載、純増は、1Gあたりおよそ2.0枚。特徴は、パチンコのST機を彷彿とさせる、ST型ARTを搭載しています。さらに、自力解除ゾーンや、ゲーム数解除ゾーン、さらに確率変動ルートなど多彩な当選ルートが存在。パチンコとパチスロが融合した、ニュータイプのパチスロ機と言えます。

それでは、ゲームの流れから説明していきましょう。
まず、通常時からは、様々な当選ルートを経て、最初に、擬似ボーナスの「疾風怒濤BONUS」からスタートします。1セット23G、純増は1Gあたりおよそ2.0枚。

消化終了後には、必ず、本機の肝となる、ST型ART「騒乱TIME」へ。純増は変わりませんが、1セット20G+α、「騒乱TIME」とボーナス型ART「ノーマル/ハイパーBONUS」のループで増やしていくことになります。「騒乱TIMEの」ループ率は、50から87%を誇ります。
演出のメインは、チャンスリプレイ成立で、保留玉を獲得、色の変化でバトル発展期待度が変化していきます。騒乱TIMEは、日本を舞台にしたステージが存在し、九州へ近づくほどボーナス当選のチャンスとなっています。各地域のステージBOSSを倒せば、ボーナス当選です。

ボーナス消化後は、「騒乱TINE」再突入!さらに、保留玉を持ち越しできるという、打ち手には、うれしい仕様となっています。

本機は、多彩な上乗せ特化ゾーンを搭載しています。一つ目が、セット数上乗せの「抜刀一閃チャンス」7が揃う度に、ARTのセット数を上乗せしていきます。

2つ目が、ゲーム数上乗せの「乱刃チャンス」、押し順ナビが続けば続くほどゲーム数を上乗せしていきます。

3つ目が、同じくゲーム数上乗せの「エピソードラッシュ」、様々なゲーム性を持つ3種類のストーリー演出で上乗せしていきます。

そして、圧巻なのが、「百花撩乱」ラッシュ」レバーを叩いて。7が揃う度に上乗せしていきます。絵柄や、ダブル揃いによって上乗せゲーム数が変化、もちろんゲーム数の大量上乗せも夢ではありません!

通常時は、様々なルートを経てボーナス当選を狙っていきます。
一つ目が、ゲーム数解除の「茶屋六助ステージ」その名の通り、ゲーム数テーブル解除のチャンスステージです。二つ目が、自力解除ゾーンの「ジン/ムゲン チャンスゾーン」特定役成立で自力解除となります。

3つ目が、確率変動ルートの「回想モード」このモードは、パチンコでいう潜伏確変の可能性があるモードです。「ムゲン回想モード」と「ジン回想モード」の二つが存在し、ご覧の「ムゲン回想モード」は続けば続くほど潜伏確変の期待が高まります。

パチスロ CRサムライチャンプルー レインカーネーション 導入が始まっていますので
ホールで楽しんでみてはいかがでしょうか。

(担当:松崎D)

スペック (管理人某調べ)

未発表