第677回 2013/09/24放送

「戦国パチスロ花の慶次 ~これより我ら修羅に入る~」プレス発表会


©

ついに11月、ニューギンのスロット「戦国パチスロ花の慶次 ~これより我ら修羅に入る~」がリリースされます。そのプレス発表会にイサオが潜入してきました。
会場にはグラビアアイドルの坂下悠里さんや角田信朗さんが登場し、トークで盛り上げました。さらにこちらでは特別イベントとして「漢気フェスティバル’13プレミアムライブ」も行われました。出演は角田信朗さん、CRAZY KEN BAND、ET-KINGなどの超豪華アーティスト。お客さんのボルテージは最高潮に達していました。

さて、気になる新台の中身ですが、前作の演出をパワーアップさせつつも革新的なゲーム性を採用しているようです。その特徴の一部をここでご紹介します。

●今回はゲーム数テーブルのAT機。
●通常時は新抽選方法を採用。パチンコのような「保留玉抽選」が行われる。
●AT「黎明の刻」は1Gあたりの純増約2.8枚。
●AT「黎明の刻」には「戦鬼」「修羅」2種類のゲームがある初期G数は…
 「戦鬼」だと20G or 30G or 50G or100G
 「修羅」だと30G or 50G or100G
●AT中は赤七揃いが鍵。赤七が揃うと1SET34G、最大7SET継続する「大攻城戦ボーナス」に突入。
そのボーナス確率は破格の出現率!「戦鬼」中だと約1/19、「修羅」中だと約1/10となっている。
●上乗せゾーン「天武の極」が80%継続に!リールアクションの0G連で乗せる。

つまり、ATの初期ゲーム数が低かったとしても、ボーナスを頻繁に引くことで大爆発のトリガーとなることもある!ということです。これは楽しみですね。この「戦国パチスロ花の慶次 ~これより我ら修羅に入る~」は今後も取り上げていく予定です。お見逃しなく!

(担当:松崎D)

スペック (-調べ)