[Vol.253]
2004年11月16日(火)放送分

↑いやぁ・・・


今週のスタジオはもろもろの事情により昼からの収録となりました。
我々がスタジオに着いたのは13時10分、奥田先生をはじめ、岩清水先生、管理人伊藤氏はすでにスタジオ入りされていて「待ちくたびれたぞ!」みたいな表情をされています。
すると奥田先生が!
奥田:「オイオイ、もう来ないのかと思ったよ」といきなり嫌みを1発
田上:「すみません、遅くなってしまいました(反省)
奥田:「あのさー俺、超機嫌が悪いんだよね」
あの温厚な奥田先生がかなり不機嫌です。
田上:「いや〜本当に申し訳ありませんでした」
奥田:「いやいや遅れたのもそうなんだけど、昨日久々に『吉宗』を打ったの、そしたら…」
どうやら不機嫌なのは昨日のプライベートスロットにあるようです。
奥田:「昨日は、たった3Kでチャンス目解除したの、これはもう大勝ちペースでしょ?」
田上「たった3Kですか、さすが先生ですね!」←かなりオーバーリアクション
奥田:「そしたらさ、そっから1400回転も当たりが来ないのよ、切れたね!」
『吉宗』で1400回転なんてざら、どちらかというと早いほうですよ!何てことは言えるはずもなく、フォローしようと思った矢先。
カメラマンM:「な〜んだ1400回転くらいざらですよ、むしろ早い方ですよ!」←!!!
や・やばい!そう判断した私はすぐさまフォローを入れる。

↑やっぱ『猛獣王』だね

↑私は・・・

田上:「でもビッグだったらいいじゃないですか?」
奥田:「誰がビッグって言ったんだよ!」←レギュラーだった模様・・・
カメラマンM:「でっ、単発だったとか(笑)」
もの凄い変な空気に包まれるスタジオ…これはもう修復不可能か・・・
奥田:「いや、その後すぐビッグが来て1G連して負けはしなかったんだけど・・・」
田上:「な〜んだ、だったらいいじゃないですか?『吉宗』は負けなければ勝ちですよ!」
奥田:「い〜やダメなんだよ、だって俺の周りのやつはキーン!キーン!って1G連しまくってるんだよ、何で俺の台だけって感じよ!」
奥田さんが本当に腹を立てていたのはハマッたとかレギュラーだったとか、そんな単純なものではありませんでした。ただ単に他の人が自分を差し置いて1G連をしまくったのが許せなかったんです。
もし奥田先生を見かけたら絶対1G連チャンとかさせないでくださいね。
するにしても“爺ビッグ”で変なプレッシャーをかけたり、ましてや“キーン”などの効果音とか出さないでください。
“姫ビッグ”を選択し、おみくじをキャンセルして3Gくらい経ってからビッグを揃えてください。
すみませんが、よろしくお願い致します。

(担当:田上D)